[ブログ]6月は14日走って、海で泳いだ

2015/06/30(火) Posted in ブログ

6月は下見が1箇所(草津温泉)。他の温泉地だと仕事っぽいひともちらほらいるのですが、ここにいる人はほぼほぼ観光と思われ、街全体ののんびり度が違いますね。おじさんもおねえさんも海外の方も、とっても楽しそうに湯もみショーの体験にがんがん参加してる。

さて、先月やった大会で、ひとつ残念なお話が。グルメポイントをいくつか設定したところ、そのお店と隣の民家の間(!)に、包み紙を捨てていった人がいたそうで。社会的な一般的なマナー、という言葉では通じない人が、あの会場にいて、いったんどんな風に街を走って、写真を撮って、会場に戻って、成績を眺めていたのか。「気づかれないでしょ」なのか、「大丈夫でしょ」なのか、どんな顔していたのかしら。
開催地の方には、ありがたいことにイベントそのものや大半の参加者については好意的に受け入れて頂いているのですが、いろいろと考えさせられました。
もちろん手は打ちますが、「べからず」「べからず」を書くのは簡単で、それを始めると「べからず」以外のことはやってもいいことだと理解する人もいて、書いたからって本当のところでコントロールできるものでもないしね。他を参考にしつつも、「ああ、だからってこの言い方は無いな」というのもある。

月末に、この後のスケジュールを考えると冬にオフが取れなさそうだったので、梅雨明けのタイミングで南の島へ旅行をしてきました。PCは持って行くわけですが、泳いで、仕事して、コンドミニアムの自炊はとても快適でした。
CI-HfzGUcAA7iRm.jpg
ウォーターシューズ代わりのVFFがかつてないほど(失礼)活躍。濡れ物入れの、東京マラソンの荷物預け袋の再利用も便利でございました。
CI-lL7CUAAAfsdO.jpg
CI-HqiVUMAAWWJY.jpg
(オフの後が思いっきり忙しくなって、この日記は8月に書いています...。)