ロゲイニングのシリーズ大会 その2「フォトロゲイニングNIPPON 2014」

2014/09/09(火) Posted in お知らせ
日本では2002年に初めて行われたというロゲイニングも、最近はだいぶ増えてきましたね。 写真じゃないロゲイニングがあるの?!と驚く方もいるかも。硬軟ある中で、シリーズになっているものをご紹介する記事のその2です(その1はこちら)。

その2「フォトロゲイニングNIPPON 2014」

昨年から始まった新しいシリーズ戦で、年間を通しての実行委員会と、各大会の自治体や観光協会による共催です。2013年は、熱海、郡上、伊豆下田、島田の4大会でした。2014年は、富士吉田、伊豆下田、島田の3大会が行われます。

公式サイト

http://photorogaining.jp/
PRNimage1.jpg
PRNimage2.jpg

フライヤー

2013年 PRN201304.jpg 2014年 PRN201401.jpg

特徴

「フォト」の名の通り、チェックポイントでは写真撮影です。「スポーツしながら観光する!」がキャッチフレーズ。集計しやすく、参加者にも分かりやすくするために、可能な限り競技の設定を統一しています。

・開催範囲は7km×10km
・地図は1:25000の縮尺で、A3サイズ
・合計点は1000点
・チェックポイントの数は40ヶ所前後
・3時間クラスと5時間クラスを設定

シリーズ集計の方法

ロゲイニングの特徴でもある、「チーム戦」。でも、いつも同じメンバーで同じチームで出られるとは限りません。その1でご紹介した「Navigation Games 2014」は個人ごとの集計ですが、「フォトロゲイニングNIPPON 2014」では、代表者以外のメンバー変更ありのチームごとの集計です。

フォトロゲイニングNIPPONでは、大会ごとの成績を合計した、年間表彰を行います。今年は「チーム名」に加えて「代表者」「代表者電話番号」の3つをキーに集計します。エントリーの際はご留意下さい。

この集計、3時間でも5時間でも区別しません。参加するだけで得られる「参加ポイント500点」もあり、より多くの大会、長い時間のクラスに参加するほうが有利です。

・大会に参加したチームには「大会で獲得した得点」と「参加ポイント500点」が与えられます。
・1年間の全大会が終わった時点で、総得点が高いチームがシリーズチャンピオンとなります。
・3時間クラス、5時間クラス、およびカテゴリは問いません。

昨年の結果はこんな感じでした。 http://photorogaining.jp/2013seriespoint.html

***

と、フォトロゲイニングのコンセプトに従い、可能な限りシンプルで分かりやすいシリーズ戦を作ってみたつもりですが、いかがでしょうか。もっと詳しく知りたいという方は、フォトロゲイニングNIPPON シリーズポイントについてへどうぞ!

現在、11/2(日)の伊豆下田大会、11/16(日)の島田大会どちらも募集中です。