今週末への応援歌

2012/10/04(木)

すっかりTwitterのまとめになってしまったこのブログ。

でもたまーに書きたくなる、どうでもいい話を流れに紛れて書きます。

運転しているときにかけている音楽で、Perfumeの「Have a Stroll」(作詞作曲 中田ヤスタカ)が、トレイルランニング(ハセツネ試走やら、本番やらをイメージ)の歌にしか聞こえないんです。

以下に、頭の中のツッコミ小人の声を挟みながら、その歌詞を紹介したいと思います。

「赤色の靴履いてお出かけするの日曜のお昼」

トレランシューズです。

7行飛ばす。

「足りない 残りの数とこのテンションが」

ジェルって足りなくなりますよね。

「晴れた雲ひとつない今日の天気に合わない」

「少しがっかりだけどしょうがない」

試走に良くあることです。

気を抜いて来て、あ、足りねえ、って。

「Have a stroll 心地いい風 浴びて キミのことを待つよ」

次のピークで待ってるね!と言って、結局リーダーは遅い人を置いていきます。「散歩とか、ハイキングみたいなペースだよ」要注意です。

「遅めのランチ食べたら なんだか眠くなった」

第一関門でおにぎり食べたらなんとなくシートでごろんしますね。

「早めの目覚ましでお出かけするの日曜のお昼」

始発でGO!!トレランってバスの本数が無いから!!

「サクサク用意して 荷物も軽めにまとめて行くの」

時代はウルトラライトパッキングです。

「サンデー・ウォーク 路地を巡るの」

「次の角を曲がれば何が見つかるのかな?」

あれ?今日ってロゲイニングだっけ?

「どおしよう 目の中に飛び込んだ誘惑」

あ、この人、ライトも消して寝てる…

「足りない 残りの数がひとつだけなの」

なに、またジェル足りない?水?

「晴れた雲ひとつない今日の天気に合わない」

「少しがっかりだけどしょうがない」

無いものはしょうがないよね。倒れて迷惑かけてもしょうがないしね。

「Have a stroll 心地いい風浴びてキミのことを待つよ」

リタイヤを告げねば…

「遅めのランチ食べたらなんだか眠くなった」

朝も早かったしね。やめるって決めたら食欲出たりしてね。

「Have a stroll ここちいい風 浴びてキミと手をつないだら」

お、復活?

「このまま どこまででも 行けるような気がしたの」

幻覚っぽいけど、大丈夫?

「行けるような気がしたの」

大丈夫?

自分が出走する側でないと、こんなにものどか~なものかと思いますが、参加する皆さんのご健闘をお祈りしております。