カテゴリ表記について

2012/05/21(月) Posted in お知らせ
イベント情報に、日本ロゲイニング協会のカテゴリ表記を追加しました。
日本ロゲイニング協会カテゴリ categoryA.jpgA categoryB.jpgB categoryC.jpgC categoryD.jpgD

例)

  • 6/24(日)第5回神田発東京ロゲイン(東京) favicon.pngecalic001_001.pngcategoryC.jpg
  • 7/20(土)第22回フォトロゲ高麗(埼玉) favicon.pngecalic001_001.pngcategoryB.jpg

 

日本ロゲイニング協会より引用

ロゲイニングの定義

(1)チーム競技であること。
(2)競技地図から読み取れない不確実なイベントが発生しないこと。
(3)CPは自由な順番でまわれるルールであること。
(4)CPはすべて回りきれない程度設定されること。
(5)競技時間は6時間以上であること。
(6)CPの通過判定方式は公正さが保たれるものであること。
(7)移動手段は走り(歩き)であること。
(8)主催者が指定した地図とコンパスのみでナビゲーションをおこなうこと。
(9)地図上に示されたCPの場所(○印の中心)と実際のCPの場所が一致すること。
 

実施方法による区分

目的
大会開催者・競技者間で共通の認識を持つことができるようにカテゴリという考え方を導入した。
 
カテゴリAcategoryA.jpg
ロゲイニングの定義すべてを満たしていること。
世界基準に合ったものであること。
海外からの参加があっても問題なく競技できると想定できるもの。
 
カテゴリBcategoryB.jpg
競技時間が6時間未満、3時間以上の小規模ロゲイニング。
 
カテゴリCcategoryC.jpg
個人競技、走る(歩く)以外の交通手段を使用するもの。
 
カテゴリDcategoryD.jpg
競技地図から読み取れない不確実なイベントが発生する、競技性が薄まったもの。
クイズ、ボーナスポイントなど。