適材適所

2011/09/08(木) Posted in ブログ

五本指靴ですが、航空公園の2kmコースの内側の不整地がちょうど気持いいことが判明しました。ありゃあ、アスファルト走る靴じゃないよね。10km走って、いい具合の疲れ具合です。しかしこれも、銀杏の実が落ちるようになると、ちょっとだめかなと思う。指の股にあの実がうにゅっと挟まるのは避けたい。

もともと右足を、離陸時にひねる癖があって(故障時にインソール作る時に言われた)、アスファルトでは壊しやすいのでございます。薄くて細い(あら、女性的)んですね。フルマラソンに萎えてしまったのはそういう点もあります。この靴もやりすぎた時に右足の甲がしんしんするので、いろいろ履き替えてバランス良く心身を育てたいものです。