瑞牆山

2011/07/12(火) Posted in ブログ
内容快速ハイキング
ルート黒森バス停7:20-小川山林道終点8:30-不動滝9:10-瑞牆山山頂10:15-ヤナギ坂-伐採小屋跡11:45-八丁平分岐12:10-廻り目平13:10 約20km6h

昨日、帰宅後に準備し、23:00かえるくんの運転にて出発。塩川ダムに1:30ごろに着き、車泊。涼しい。車の窓の網戸が欲しいなという話になる。朝、7:00に蘭さんと合流。私以外の二人は小川山でクライミングなのだ。黒森上のバス停付近で下ろして貰い、一人瑞牆山へ。素晴らしく晴れ。最初は南回りで山頂へピストンのつもりだったが、ワンウェイのルートにしたくて北回りへ。不動滝は薄く広く大きな滝だった。水はしばらくすると手が痛くなるほど冷たい。人に全く会わない。明るい森。

f:id:urano_cobito:20110712091138j:image f:id:urano_cobito:20110712093307j:image f:id:urano_cobito:20110712101844j:image f:id:urano_cobito:20110712101928j:image f:id:urano_cobito:20110712113826j:image

山頂でやっと人に会う。カップル1と単独2。

富士見平に向けて降りると人が沢山。が、八丁平へは破線のヤナギ坂を選ぶ。またもや静か、ていうか蜘蛛の巣張ってるって前に人いないのか。道はちょっと薄くて、長沢背稜ぐらいの感じ。踏み跡見失いがちな人は難しいかも。大日小屋と書いたショートカット道が出来ていたが、怪しげだったので本来のルートへ。ここらへん少し不安な気持ちでもあったが、終わってしまえば妙な愉悦をもって思い出す。不安と快感は紙一重なのだろうか(クライマーにはかなわないだろうけど)。この時一瞬ゴロゴロと雷鳴が聞こえたので砂洗川に沿って降りる。廻り目平に向かって歩き走りしていたら、ちょうど電話があって、岩組も終了したとのこと。ざっと雨が降ったとか。間もなく合流、本日の山終了。甘い森の空気とか、2000mオーバーの緑の薄さとか、一人で歩いても走っても止まってもいいこととか。来て良かった。蘇るようだ。

帰り道に寄ったスーパーに見覚えがあった。ここは川の道のルートではないか。

増富温泉に寄る。赤く濁った湯で、25度、30度、35度、37度と4種類あった。25度がオススメと言われたが、混んでいたので、35度に入る。うっすら涼しい。37度は、実は山で冷えていたらしい身体がほんのりあったまる。のぼせない湯はいつまでもほうけていられそうだ。