ナビゲーションスポーツを取り巻く環境のお話

2010/12/04(土) Posted in ブログ

さて、今回は直進がテーマでした。ロゲイニングでもトレイル以外を通行する場面とか、本来そういう競技であるとかありますが、じゃあいつでもどこでもやっていいのか?というと微妙なところがあります。安全面においてと、地域の方との関わりにおいてです。特に後者のことで、ロゲイナーに向けて私の意見をいずれまとめたいとは思っていますが、『自然保護』ってなんだろう?等も含めとてもデリケートなお話です。オリエンテーリングでの最近の一例をリンクしておきます。いろいろな場合があると思いますが、日本のナビゲーションスポーツがこういう環境にあることを知っておくことは必要なことだと思います。

大阪OLC35周年大会およびインカレロング不成立について - Orienteering News in Japan

「決して間違わない」というのはとても難しいことです。ロゲイニングでも、もちろん目指してはいますが「今後絶対に事故を起こさない」とは私は言えません。簡単なことでは無いと思いますが、ロゲイニングに組織が関わるのなら、今後こういう事例が起きたときに分かりやすい形で共有して、環境を整えていくようなことを担って欲しい、それこそが必要なことなのでは、と私は思います。JFAみたいに。

416 Requested Range Not Satisfiable

ニュージーランドとかノルウェーって日本と同じぐらいの大きさで、人口は400万人ぐらいなんですよね。自然の有り余りっぷりが羨ましい。