WOC開幕

2010/08/08(日) Posted in 参加しました

とうとうWOCが始まった。スプリントの予選は古い建物が保存されている観光施設ということで、選手は「江戸村」と呼んでいたが、塔のような丘があって綺麗なところだ。建物の影からスタート。観客は邪魔にならないように道を開けてはいるがテープなどで区切られることもなく、手の届くところで生のレースが繰り広げられている。スポーツの生観戦自体が久しぶりかも。併設に出る他の日本の人たちにも遭遇。急に地元感が沸いて不思議な感じ。レースは3人ずつのスタート直後に2方向に別れていくのだけど、3人とも同じ方に行ってしまったり(誰かひとりが絶対に間違ってる)、蛇行してしまったり。スタート直後が苦手な自分も見てて同期してしまってあわあわする。

f:id:urano_cobito:20100909140235j:image f:id:urano_cobito:20100909140236j:image f:id:urano_cobito:20100909140237j:image

(陽に照らされて暑かったせいもあるのか)晴れがましいお祭りのようなぼうっとした気持ちになる。もちろんそれぞれの選手は、勝ったり負けたり余裕しゃくしゃくだったりでいろんな表情なのだけど。そして、残念なことだけど、日本選手の予選通過はならず。午後の決勝の舞台である街中に移動する。公道の自動車の立入を制限して行われるのだ。決勝はすごいよーと聞いていたが、本当にすごかった。オリエンテーリングが大型モニタで実況されるのも初めて見たしスタートのお立ち台も、観客の賑わいも、クレーンのカメラやら出店やらも。

観戦ゾーンのチケットを買って入る。無料ゾーンでもあんまり差は無かったかもしれないけど、暑くてだんだん疲れてきたので空いている場所は良かった。スタートの選手の表情が見れて本当に良かった。ゴール前は一段高くなっていて、花道をダッシュしてきてゴール後に崩れるのも(みんなカメラからふっつり消える)。

f:id:urano_cobito:20100909140238j:image f:id:urano_cobito:20100909140239j:image f:id:urano_cobito:20100909140240j:image

その会場のどこかで、自分が出る併設レースの受付があるようだったけど、見つからない。なんとなく混んでいるスポーツ用品店に、A4手描きの張り紙を発見してここだここだと入っていく。ノルウェー的な緩さに慣れつつある。

ホテルに戻って、少しだけメールのやりとり。この後行くシャモニーで、以前に講習会でお世話になった国際山岳ガイドの長岡さんと会えることになった(あとでとても助かることになる)。

f:id:urano_cobito:20100909140241j:image