東京ロゲ優勝者ルート解説

2010/06/01(火) Posted in イベント

めやにや@早急クラブさんから、ルート解説が届きました。病み上がりとのことで(それで優勝すごい~)お帰りになられましたが、ここで改めて、優勝おめでとうございました!


めやにや@早急クラブです。

「体調が悪いので、アフター欠席します。」といって帰ってしまったものです。

まさか、自分が1位だとは思っていなかったので・・

優勝者がアフターにいなくてどうもすみません。

お詫びにルート解説をお送りします。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

1.事前準備

ミニ情報コーナーで下記の情報を取得。

(1)「坂と下町」というテーマ。・・即ち、これは東西に広い、と理解しました。

(2)「電車に乗っても、走っても差あまりがで無いように配慮した」というCPセッ

ティング。

・・即ち、これは、CPはわりと固まっていてブロックを形成し、

ブロック間は離れているが、電車に乗れば移動可能ということ、と理解しました。

ここから、もし自分がコースプランナーだったら・・と考え

なんとなくCP配置をイメージしました。

A. 四隅に高得点ポイント。候補はこんな感じをイメージしました。

北:都電沿線・・荒川遊園(CP70)ドンピシャ当たり

東:台場、豊洲方面・・・ちょっとはずれて門前仲町(CP55)と砂町(100)

南:泉岳寺方面・・これは、かなりはずれて戸越銀座(CP80)

西:坂が多いのでCPが割と集まる。・・これは当たり。

B. 中央は低得点ポイントが千代田区、中央区に密集

これもまずまず当たり。

すると、ルートとしては中央を捨てて辺縁部を周回するということになりそう、と

想像しました。

この読みが、ほぼ当たって、地図配布後もほぼ迷うことなく、ルートをセットでき

ました。

2.地図配布からルートプランニング

ざっくりグルーピングすると、大体どのブロックも150-200点くらいで、うまく散らばってます。

よく見ると豊島区、文京区から新宿区ブロックにかけてははうまくつながるので、まとめて270点のブロックになります。

ここに時間を割けるように、台東西ブロック(158点)、荒川、北ブロック(193点)を2時間で先行し

次に豊島、文京、新宿ブロックで2時間、渋谷、港地区(165点)は時間次第のオプションとし

最後に江東ブロック(188点)をとり、できれば亀戸(21+41)も廻る、反時計回りルートをプラン。

目標は900点越えに設定しました。


3.スタート~序盤

小伝馬町駅まで、200Mウインドスプリント。日比谷線に乗り入谷で下車。

台東西(19,32,26,)、荒川(44,37,70)、は迷うことなく消化。

キロ4分10秒くらいで進みます。いけるとこまで行って、電車で休むというゲームプランです。

荒川一中から荒川遊園までは都電でワープ。この前の出張の帰りに、都電に試乗し下見しておいたのが奏功しました。

その後、飛鳥山から十条駅まで北地区(38,43,42)をスイープし、ここまでは1時間55分とほぼ予定通りで、合計351点ゲッツ。

4.中盤

池袋まで埼京線でワープし、豊島地区へ。

鬼子母神(22)をとった後、覗き坂(14)へ。ここで痛恨のナビミス。

目白通りへ入るつもりが、「新」目白通りへ入っていました。

都内で最も急といわれる坂を越えて戻る羽目に。10分ロス。

八幡坂(27)、伝通院(23)、塩地蔵(31)などをとって、神楽坂(40)へ。

指示書にはCP40「わかりにくい。地形図で読むのは不可能」と書いてあります。

しかし、写真に写っている地形をヒントに探すと、なんと一発で見つかりました。

人一人しか通れないような路地にCPが・・、これは解説の仕様が無いですね。

次は、大江戸線で牛込神楽坂から河松若田まで行き新宿地区へ。

箱根山(36)から津の守弁財天(39)、おもちゃ美術館(25)へ下りました。

ここまでで4時間経過 621点。これもほぼ予定通り。

やはり時間的に港ブロックは無理で、これは捨てることにしました。

しかし、江東へ直行するには時間が余ります。

渋谷駅前の金王八幡宮(56)を取ってから、江東へ向かうことにしました。

CP56は渋谷駅から2分のところですが、人影はほとんど無いです。

携帯電話で話しながら泣いている女性がいました。4時間40分で677点

5.終盤

渋谷から一気に門前仲町までメトロでワープ。このブロックは55、33、100

(本日の最高点)と3点ありますが、

時間がかなり厳しくなってきました。富岡八幡宮(55)を取った時点で5時間9分。

33を捨てる選択肢も頭に浮かびましたが、このCPは「北ノ湖部屋」です。

キロ4分15で間に合う計算なので、せっかくだから行くことにしました。

その次は、本日の最高点・砂町銀座(100)。全力疾走で向かいます。

北ノ湖部屋の若い衆が、チャリでちゃんこの買出しから帰ってきました。

全力疾走しているおっさんに、目が点。

砂町銀座(100)をとって、西大島駅まで、これまた全力疾走、約2K。

西大島駅着は5時間40分。キロ4分切っています。

岩本町まで地下鉄9分、岩本町からゴールまで3分、Jogでも5分。

「これで遅刻はない」、と思った瞬間、ホームの電光掲示板に「次の電車 通過」

「西大島に急行は停まらない!!!」

次の各停は14時59分発、岩本町15時08分着です。

岩本町からの3分を2分に縮めればセーフです。

気持ちを切り換え、地上に出てからの400m、これを70秒でカバーする、と心

を決めました。

待ち時間の間に、全力スプリントに備えて、地図などをバックパックに詰め込み、

装備をまとめます。

電車はゆるゆると進み、岩本町到着は15時08分50秒、もう時間内は無理です。

しかし、減点50と100では大違いです。改札を出て地上まで1分かかりました。

ゴール到着15時11分。最後の400mほんとに70秒でいきました。

「こし庵」さんの店頭で、しばし昏倒。

激走帰還、しかも昏倒しているロゲイナーに、みなさん唖然。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

6.言い訳とお詫びとお礼

実は、前日までかぜで寝込んでおり、ゴール後も体調思わしくなく、

アフター欠席してしまいました。友人から「1位じゃないの?」

とメールが来て、確認した次第です。申し訳ありません。

主催者のみなさん、楽しいイベントありがとうございます。

松代では脱水で討ち死に(男子8位:蒼穹クラブ)したので、リベンジできてよか

ったです。

また、「東京ロゲ」やってください。

本当にありがとうございました。

めやにや@早急クラブ