山に入って

2010/04/24(土) Posted in ブログ

最近在宅のままのデスクワークが多くて、ふと外に出たら全然違う季節のにおいがして、なんだかオツトメ帰りかよと思います。そんな中、少し時間をとって山に入る機会がありました。

山といってもほんの里山ですが、そして思ったことは、舗装路よりも斜めだったり土がつく木々の下へ。固められた手すりではなく、人が踏みしめただけの道の先へ。生活音の聞こえないところへ。細く薄いトレイルが導くところへ、薄い空気へ。道ではない山そのものへ。私が求めているのは、居心地のいいところというわけでは無いのかもしれません。「怖い山」に、また入りたいと思いました。未明の濃い霧の中や強い風の中の、雷や星。

そういえば、というわけで、今年もTJARがありますね。前回完走した宮崎さんに、「今年はでぇへんの…?あれ…」って会うたびに聞かれます。会うたびに「ツールドモンブラン入れちゃった」って答えてるんですが、毎回、聞かれます。つかず離れずに歩いたり走ったりした前回、結局ばらけてしまったけど、もし一緒にゴールできる日があったらそれはそれは心強く嬉しいだろうなあ。とふと思うと、結構心揺さぶられるものがあります。

書類選考があったみたいで、うちのロゲに出た人はせめて道には迷わず、ゴールに遅刻もしないといいなあ。言っちゃ何だけど、山岳地図の繋がっていない、ロード部分が、地図自体を作るのが難しい。地形図で押さえるのも手です。グーグルマップとかで情報書き足して。特に北ア~中アは、hiroさんが去年Webでコンビニ情報も載せてた気がします。天気がいいといいですね。雷とか豪雨が行きませんように。