有度山ロゲイニング

2009/12/20(日) Posted in 参加しました
リンクM-nop
有度山ロゲイニング: side B
備考チームとはなんぞや?


f:id:urano_cobito:20091221192009j:image:h120 すごく似てると思うんですけど。

スタートしてすぐ、あまりの調子の悪さにびっくりした。この時を思い出すほどに。今思うと、生理が遅れていたり、直前に風邪を引いて治ったつもりでいたりと、共通点は多い。そして、私が気乗りでない時に、精密ナビなチームメイトが珍しく混乱するというのも、実は2回目(前回はこれ)。自分のサボりたい念が、妨害電波を出しているのではないかと真剣に疑った。自分はなぜこのチームにいて、何の役目があるのか?いつも思うけど、今回はすでにフィジカルもメンタルも、いい部分は全部「小虫さん」が持ってどっかに行ってしまったらしい。いつも「頑張ってる、私達頑張ってるよ」と言い続けてくれるrikaさんが、今日はさらに来賓待遇で優しく調子を聞いてくる。何を答えていいのかも分からなくて「…」となる。

膝下までのぬかるみを走っているよう。

とりあえず「あなたの後ろにいる私は、チームメイトではなく、ドラクエで言うところの棺だと思ってください」とうまいこと言ったつもりが、「ドラクエ知らない」との答え。そうか…。とりあえず、死んでるというのは伝わったらしい。

逆に、出来ることがシンプルになった。山下りて平地をお願いする。棺に滑車が付いた位のレベルアップ。

でも終わってみると、今までで一番強い記憶に残る、今までと違うレースだった。やっとチーム戦の次回がイメージできるようになった。棄権も頭をよぎったが、今のこのチームでの限界を探り続けられた。楽しいロゲもあれば、こういうロゲもあって、、、ロゲイニングは奥が深いです。

f:id:urano_cobito:20091221192010j:image f:id:urano_cobito:20091221192008j:image 通りすがりの村越さん&表彰