りか塾

2009/11/28(土) Posted in ブログ
場所丸火公園
内容オリエンテーリングの練習会


日本代表の方々多くと、計16人の練習会。みそっこの私は放牧…?!ということはなく、異分野から成人してから参入した一群として、クロマニオンズなお二人と一緒にリカ講習を受ける。分かったことは、リカさんはリロケートがものすごく早いので、変なところに入ってもさくさく出て行く。それは真似できないのでやっぱり変なところに入らないように心がけねばならない。あとリカスピードについていくと、慣れないうちは走るのに精一杯で地図読めない。だんだんリラックスするように心がけたけど、やっぱり普段行かないような足場なので身体が硬くなる。午前はたっぷりぬっくりしたナビ講習。3人とも、方向定めた後に顔上げるのをしっかりやらながち。こういう直進テレインなのでとくにしっかり。同じようなレベルの人がいると、違いが分かって(改善点も分かって)やりやすかった。私のスペックでは、箇条書きで3つしかプランが覚えられない。しかもその一つは「直進」でもう埋まってしまうのだ。シンプルなプランにすると、距離がしっかり分からないと途中のあれこれで不安になってしまうけど、あーもう自動歩測がインストールされたいものです。どっかでみっちりやりたいけど、傾斜でだいぶ変わるから天覧山とかでやっても富士で応用できるのかわからんちん。

午後はリレートレでとにかく付いてく。みなちゃんほうとうげさんりかさんと、適当に見つけた女子に付いていって何やってるのか分からんが観戦モード。地図見てないので置いて行かれると迷子になるっすよ。

最後に時間差でスタートしてちゃんとレースモードで走る。私の前にスタートしたおかべさんが赤いウェアなのでついつい付いていってしまう。季節水路を辿れば一発のところをへんにぐだぐだ回っていって、その間に後ろの人みんなに抜かれたみたい。6でリカさんに時間切れ・回収されて、のんびり歩きながら逆を辿る。富士特有の溝を横切るときに、躊躇わず素早く左右を見て通りやすいところを見つける、その時に向かい側のどこに戻ればいいのかをちゃんとまっすぐ見て定める。全部杉ですが。

なんかもっとやってたいんですけど、撤収したらすぐに日が暮れてしまった。朝霧野外活動センターに移動したら、すぐさま村越さんのナビ講習ヘルプということで、10分で風呂に入る。結構激しく、太腿の皮膚ずたずた。タイツは70%ぐらいしか、茨から身を守ってくれません。寒かったしトリムの下履けばよかった。足首ちょっと出ててかぶれた。

晩御飯がトンカツで美味しかった。フガクぶりに朝霧のみんなと会えて楽しかった。村越さんは殿っぽいという気がしたので言ったら同意を得た。「よきにはからえ」「はっ」とか言ってしまいそう。濃紫のゴアウェアとか似合いすぎ。いろいろあるしうまく整理する時間もないままだけど、タフな村越チルドレン(リカ・ミヤ・ナオ・ブル、全部女子)が4人も集まると明日はいいイベントにならないわけが無い気がする。