大菩薩

2009/10/18(日) Posted in ブログ
内容日帰りトレイルラン
ルート小菅の湯[0935]~[1040]白糸の滝[1050]~[1058]大菩薩峠登山口~
[1217]フルコンバ~[1250]大菩薩峠~[13XX]石丸峠~牛ノ寝通り~[1515]小菅の湯 6h弱
備考紅葉の大菩薩・牛ノ寝ダウンヒル


f:id:urano_cobito:20091018231530j:image

f:id:urano_cobito:20091018231529j:image:w200 f:id:urano_cobito:20091018231258j:image:w200 f:id:urano_cobito:20091019094251p:image:w200

昨日に引き続き阿闍梨メンバーでのんびりラン。温泉と紅葉を楽しむということで、小菅の湯を中心に周回することにした。この3人だと地形図が楽しみになりそう。序盤、ロードも割りと快適に、現在地同定しながら進む。rikaさん出題の標高804地点はどこ?に正解して私嬉しい。白糸の滝の冷気が気持ち良かった。大菩薩峠登山口は、塩山側に比べるとマイナーだと思うけど、昔の生活道だけに登りやすい。標高860m~1650mへ。マイナーといいつつ、アゴヒゲさんに会ってしまうのだった。どんぐりを冷やかしたり、リスが転げるように走っていったり。目指すは紅葉した葉が透ける赤と黄の高さまで、次は富士の見える向こう側へ。

谷を挟んだ南側の稜線、牛ノ寝通りの高さを間近に感じるまで登ると、空気が一層変わって冷えた。フルコンバへ出て、ちょっと休憩。大菩薩峠へ最後の一登りをすると、賑やかな山小屋の前だ。身体が冷えないようにしてから、大菩薩嶺の手前で富士を眺めた。少し戻って、石丸峠へ。ここからは本日のハイライト、牛の寝ダウンヒル。以前、テン泊装備でここを通った時は「展望無いし長いなあ」と思ったが、今日は楽しいを超えて「極上ってこれのことじゃない?」1時間もかからず、半分程度を下る。ふと、道の真ん中にウリボウがこっちを向いて立っていた。今日は一日、「リーダー」(ダチョウ倶楽部的な意味で)と呼ばれ先行させられていたのは、獣対策か?!後ろの二人は1376地形萌えとか大ダワからの下りでの左ピーク右ピークとかを楽しんでた。小菅の湯に到着したら即、でっかい焼ヤマメをご褒美で。たんぱく質ー!そして風呂ー!

出発がややのんびりだったのとコースタイムが10時間ぐらいだったので、あれ?今日って激走?という不安が一瞬よぎったが、終わってしまえばなにもかもパーフェクトな一日だった。

紅葉トレイル@大菩薩&牛ノ寝通り: side B

秋の大菩薩 : Nobody Knows but.