山岳耐久レース

2009/10/11(日) Posted in 参加しました
大会名第17回日本山岳耐久レース
距離71.5km
リンクhttp://hasetsune.com/ 公式サイト
http://hasetsune.com/sokuho.html 速報
備考5回目の参加


今回の目標は、過去の区間のベストを繋げた12:35でしたが、11:49:13と思いがけず好成績でした。

 20052006200720082009感想
スタート00:00
(0:00)
00:00
(0:00)
00:00
(0:00)
00:00
(0:00)
00:00
(0:00)
ご招待ゾーンに並べた
CP1
(22.66k)
04:41
(4:41)
04:10
(4:10)
03:59
(3:59)
04:18
(4:18)
03:36
(3:36)
早さに吃驚、どうりでキツイ
三頭山
(36.32k)
07:58
(3:15)
07:11
(3:00)
06:45
(2:46)
06:50
(2:42)
06:04
(2:28)
サブ12意識
CP2
(42.09k)
09:25
(1:27)
08:27
(1:16)
07:52
(1:07)
08:04
(1:14)
07:08
(1:04)
左膝違和感もごまかせる程度
御前山
(46.57k)
10:50
(1:25)
09:39
(1:12)
09:03
(1:11)
09:08
(0:58)
08:12
(1:04)
あと0.6kmからが長い
大ダワ
(49.77k)
11:37
(0:47)
10:22
(0:42)
09:44
(0:41)
09:48
(0:40)
08:49
(0:37)
意外と平地と登りある
大岳山
(57.31k)
12:33
(0:55)
11:15
(0:53)
10:35
(0:51)
10:35
(0:47)
09:35
(0:46)
ちょい詰まってた
CP3
(58.00k)
13:20
(0:47)
12:15
(0:59)
11:16
(0:40)
11:18
(0:43)
10:12
(0:37)
あれ?電池ヤバ
ゴール
(71.50k)
15:21
(2:01)
14:13
(1:58)
12:54
(1:38)
13:03
(1:45)
11:49
(1:37)
むらなく走れた

努力と結果の表れ方は不思議なもので、今はまだ「なんでだろう」としか思えません。だれていた去年はさて置き、やりきった感のある2007年よりもダメージも少ない気がするのは何故かしら?12時間切りというのは、私にとって遠い世界の目標で、クリアしたらもう卒業かなと思っていたほどでした(その先があると思えなかった)。でも今は、まだあそこ走れるなあと思う場所がいくつかあります。といいつつ、数日は幸せにぼ~っとしてたいと思います。

f:id:urano_cobito:20091013003153j:image 使用前・村越先生と

最近のトレ

普通なら何度かこなすべきの30-40km程度のトレランは全く無し。信越トレイル100kのペーサーの経験(36kmを7h)は、走力とは違った形で花開いたようです(負担の少ないルート取り)。主催しているミニロゲの下見で、4-5時間山を歩くのを月に2-3回。自転車の回数と距離も多かったです。ママチャも結構使えますが、MTB買おうっと。クライミングで肩周りがしっかりしました。普段のjogは、まだ本調子のノリノリではなく、心を騙し騙しの時が多くて1回の距離は10km以下。しかし、オリエンテーリングの機会が増えたせいで、今までやれていなかった心肺追い込み系の走りと、不整地をわしわしと踏み込んでいく系の走りを多く経験していたんだな、と、山耐終わってから改めて思います。あと直前断酒はよろしかったと思います。

スタート前

ゼッケンが緑で、スペインの消防団の人(招待)に、「英語喋れる?」喋れません「この緑のゼッケンは何だ」「(その他なにか言ってる)」聞かれたけど分からん!招待選手って通じたかなあ?でもにこにこ、スタート前も目が合うとにこーってしてくれた。

スタート~CP1 3:36:09(352位)

おお?先頭からスタートする招待枠がある。いつも12時間ぐらいの枠にいたんだけど(実際それくらいだし)、今回はえーい抜かれてもいいや、先頭出発だい。これが大きな違いだった模様、渋滞が全くない。入山峠でも「あれ?こんなもん?」みんな足捌きが上手いし、詰まってる人がいない。でも体キツイ。空腹感が早い。私は第一関門までは、体感任せで細かいラップは取らないことにしてるので、ただ「練習不足だから辛いんだな」と思ってた。20kmの標識を見た時に3:00ぐらい。えええ?早くないか?しかし遅くする理由も特にない。そのまま、過去にないペースで第一関門通過。応援団の声が聞こえるとやっぱ嬉しい。

CP1~CP2 7:08:12(262位)

初めて、第一関門以降も陽の出ている状態で走る。杉の木立に差す夕陽が綺麗。走りやすい区間を、残照で走るここは楽園?13時間ぐらいで完走する層から混むんだね。人の藪の向こうにこんなパラダイスがあったとは。まだ力尽きない。目標タイムに色気が出てくる。突っ込みきったレース(潰れてもいい!)ってやったことないから、そのまま行こう。寒さもちょうどいい程度。左膝、左足首がちょっとゆらゆらしていて、不安定。三頭山でテーピングすることも一瞬考えるけど、ライン取りでなんとかなりそう。

CP2~CP3 10:12:22(218位)

中盤ばっくり行くのかもしれないと思いつつ、まだ腿は元気。そうだ、私は4時間以降の疲れ終わってからが長いんだ。今回、ライトにエネループを使ったら、全然ダメだった。フル充電してっても、ミオXPが6時間も持たなかった。CP3手前で切れかけた。さらに馬鹿なことに、予備ライト兼予備電池のマグライトを、併用していたのです。「両方切れるんじゃん?」と思ってからは怖いこと、自分の甘さを呪っても仕方なし。出来ることは?早く走る。電池の持つ間に。

CP3~ゴール 11:49:13(205位、女子12位)

いつもこの区間のどこかで、夜中にこんなことをしている自分がかわいそうになり泣いてしまいそうになる。ゴールが見えて気が緩むのかも。今回はずっと気持ちが張ったままだった。後5km、のおじさんがいつもいたんだけど、そしたら35分あればゴールできるのは知ってたんだけど、今回はいなかったみたい。あの「橋」は前だったか後だったか?後だったな、ラスト3kぐらいの地点かな。待ち遠しく走る。ラフ舗装路はもう「おりゃー」って下る。6人ぐらい、完全な舗装路に降りてから抜けた(ゴール直後に話しかけてくださった方、お返事できなくてごめんなさい、ゴールシーンお邪魔しちゃいました)。少し余裕を持った12時間切りなんて考えても見なかった。

終了後

まず豚汁。お風呂に行ってチューハイとから揚げ。戻ってからワンカップ(温)。眠れずにカップラーメン。1時間ぐらい寝た。表彰式後、焼肉と生中。帰宅後はチューハイ。飲んでる最中に倒れそうに眠くなり昼寝。食欲旺盛です。写真などこちらもどうぞ。TEAM阿闍梨