白鷹山ロゲイン

2009/10/04(日) Posted in 参加しました
大会名白鷹山ロゲイン2009
リンク404 Not Found
備考『山形芋煮ロゲ』に改名すればいいと思います!


はるばる400km、総参加チーム18組35名。自分がミニロゲをやってて思うのは、地形図ロゲに史跡は欠かせないということ。大掛かりな山ではなく、裏の山みたいな里山こそ、こういう機会に触れたい(触れさせたい)と思うこと。「天地人」ブームもあり、高速千円という幸運もあり、絶好のロケーションで押しても良いハズでもったいない。ウルトラマラソンではサロマ湖やら四万十やら宮古島やら、数百人規模の遠征が定着している大会もあるのだから。

6時間の部スタート

私は3時間の部に1人でエントリー、6時間の部にはぜんとくさん山羊さん、よしこさんりかさんという2組がエントリー。とりあえず見送る。1.5時間ほど昼寝する。

f:id:urano_cobito:20091005194307j:image f:id:urano_cobito:20091005194308j:image f:id:urano_cobito:20091005201615j:image 使用前

f:id:urano_cobito:20091005194309j:image 作戦会議全景

3時間の部スタート

  • 地形図A2と付近のO-MAPが配られた(6時間と同じ)
  • O-MAPは前日の1hミニロゲで使われたもの
  • 持参の油性ペンがいまいち薄い
  • 地形図にO-MAPの範囲記入とかCP記入を1人作戦会議の時にするべきだった。
  • 補給は水700ml、ゼリー1を持った
  • 作戦としては南側コンパクト作戦、西黒森山にロマンを求めるか否かは途中経過で再考
  • 121-44-32-45-67-47-37-74-71-91-31(660点)
  • 121、お得感あり。天地人ポイント
  • 44から西黒森山へのルートがあるなら行っても良い(地図上では途切れてる)と思ったが、無いようなのであっさり撤退
  • 32、後で知ったけどこの付近で蜂に刺された人が二人いた模様。
  • 45、シダもりもりで道なし。67へ脱出し損ねて一旦45に戻る。地形もいまいち。ヤブこいでOLぽい感じになる
  • 西にある十字路に出る、いきなりメジャー山道に復活。方向は合ってたらしい。再び軽快に67を取る
  • ちょい果樹園横切りO-MAPの範囲へ。47-37順調
  • 74、池の真ん中の細長い陸地にちょこーんと独立樹とフラッグ。見えてるのでちょっとヤブこぎこぎ。湿地にはまりそうで怖い
  • 残り1時間を切って、再考、36-70-31で帰れば余裕ありまくり。しかし走りまくって71-91-70と取ること決意
  • 71楽勝、91が!地形図の実線が、砂利道・見つからないやつ・舗装道路という、実際はなんだか分からないもの達だったので、現在地ロスト。しかし北へ行きたいのよー迷ってる暇無いのよー、と泣きそうになりながらべけべけ走ると、91のフラッグ発見。「えええー、91に来てたよー、あれー」とか声を出す。
  • 70に向かう、もう30分無い。厳しい!目の前を通りつつ、500m行ってくるだけの70を捨てた。
  • 会場最寄で残しておいた31をとり、2分前ゴール。
  • 女子・混合のクラスは合併されていた。2位。1位チーム、蜂に刺されて遅刻したみたい?(でも優勝)お大事にー
  • 自分のミニロゲでも、ポイズンリムーバーのいいやつを買っておかねばと思った。蜂はありえまくり
  • 豚汁(といいつつ牛肉、里芋も蒟蒻も美味しい♪)を頂いた
  • 『山形芋煮ロゲ』にして芋煮を押したい

f:id:urano_cobito:20091005200607j:image

  • GPSのログと地図、後ほどアップします

6時間の部帰ってきた

私が1.5時間ほど昼寝していたら、6時間の部が帰ってきた。よしこさんりかさんチーム、上品に回ったわ!と女子・混合の部優勝。帝王亜細亜王チーム、トラブル(後述)ありつつ総合優勝。161・86がロマンだった模様。

f:id:urano_cobito:20091005200605j:image

終了後

f:id:urano_cobito:20091005200604j:image 山形県の温泉 - 百目鬼温泉

よしこさんとサヨナラし、百目鬼温泉に行った。しょっぱくて強烈に温まる。付属の直売所に新米が出てた。久々の東北自動車道、長い帰路だけど騒いで楽しかった。千円効果は偉大だ。あとは全ての車がヘコカー化すれば良い。

残念

今回、TEAM阿闍梨内で意思疎通にミスがあって、帝王・亜細亜王のチームがエントリー漏れしてしまった(現地で判明)。さらに残念なことに、自分がエントリーされたのか確認する手段が無かった。マラソン大会なら簡易プログラムを兼ねたゼッケン引換えはがきが来るし、オリエンテーリングの大会のほとんどはWebでエントリーリストが公開されるのだけど、(自前のミスはもちろん棚に上げることは出来ないけど)「エントリーリストさえ出てればみんなハッピーだったのに」という気持ちは隠せない。でもねー、うちらで良かったって気もする。シリーズランキング戦のポイントだけ貰うことになった。

リザルト

3時間の部(全9チーム)
混合・女子チーム名氏名得点
1川崎市金子竜太・金子順子695
2TEAM阿闍梨伊藤奈緒660
3こてめんクラブ楠田紘子448
男子チーム名氏名得点
1茶のかおり浦野弘568
2秋田智田眞人537
3森の旅人藤生孝志468
6時間の部(全10チーム)
混合・女子チーム名氏名得点
1Team阿闍梨&Ski O酒井佳子・田島利佳1277
2会話のない夫婦今野若男・今野久美子693
3たまご山口現・山口真理子596
男子チーム名氏名得点
1TEAM阿闍梨高橋善徳・柳下大1528
1悶々会A小山温史・長縄知晃1374
2悶々会α茂木堯彦・上野光1285
3クロマニオンズ岡部淳・黒田基介946