信越五岳100km

2009/09/23(水) Posted in 参加しました
大会名信越五岳トレイルランニングレース2009
リンクSHINETSU FIVE MOUNTAINS TRAIL 110km
備考ペーサーとして参加


やっぱり朝のスタートは見送りたい。5:30、元気にみんな出て行った。この大会では、中間エイドへの荷物の移送ができる。ウルトラマラソンでは普通だが、トレイルレースでは珍しい。ペーサーの試みも、コース設定も、石川弘樹の情熱が随所に感じられた。石川弘樹というと、女性ファンが多くて大会も華やかという話を良く聞くが、私の周りのトレラン女子には逆に、普通に贔屓目無しでいい大会という評価が高かった。

スタート~2A 斑尾高原レストランバンフ(23.9km地点)

ペーサーは朝9:00のバスで、選手と合流する5Aに移送される。私もそのつもりだったが、同じペーサーで来ていたすみちゃんに誘って貰い、ご主人(Kさん)の応援に来ていたさえさんの車に同乗させて頂く。おかげで応援行脚が出来たのだった。大感謝。

f:id:urano_cobito:20090927154952j:image f:id:urano_cobito:20090927154950j:image

f:id:urano_cobito:20090927154949j:image

f:id:urano_cobito:20090927154947j:image

f:id:urano_cobito:20090927154948j:image f:id:urano_cobito:20090927154946j:image

選手が斑尾山引き回しでまたスタート地点近くに帰ってくるのを待ち、2Aで応援する。相馬さんがトップで7:24に通過。2時間かかってない。りかさんが8:39、Tacさんが頭痛と戦いつつ9:02。思いつきのミカンエイドも意外と手に取ってくれる人が多く、嬉しかった。レッドブルが配布されていて、レッドブルガールが(特に女性を)応援してくれる。りかさん、抑え目の滑り出し。他が飛ばしすぎ?

4A 黒姫高原コスモプラザ(52km地点)

f:id:urano_cobito:20090927155321j:image

f:id:urano_cobito:20090927161308j:image f:id:urano_cobito:20090927155313j:image

40km付近の河原の砂利道では随分疲れた顔をしていた選手が、山にちょっと入った後のこのエイドでは生き返ったような顔をしている。人って面白い。エイドでは地元のおばさまが笹寿司が振舞ってくれる。初めての大会だろうし、初めての経験だろうから、渡す方も緊張しているのが伝わる。生きのいい選手の「おいしい!」の一言で、ぐっとエイド側も気分が乗るのであった。写真を撮る人も多いし、食が細いりかさんの、テイクアウト用のジップロック持参にも場が盛り上がる。女性上位の順位変動あり。

5A 笹ヶ峰キャンプ場(66.1km 地点)

そしていよいよペーサーとの合流地点。さえさんのご主人を、待ちきれずにぶんぶん気炎を上げるペーサー。すみちゃんも気合が入った顔になってきた。私も黙々とりかさんを待つ。私の見ている範囲では、3km手前でのゼッケン伝達も、デポ荷物の受け渡しも非常にスムーズだった。何度も練習したんだろうな、それがきちんと生かされてるんだなと、弘樹魂を感じる。さえさんのご主人が出て行き、すみちゃんの選手のたけぷーが来た。ばったりと転がり、ただいま鍼灸勉学中のすみちゃんにマッサージを受ける。それを取材するテレビ新潟。笹寿司でもそうだったが、地方を盛り上げるものとして、この大会はメディアにも注目されているようだった。そして応える選手も、競技性よりも「楽しさ」をアピールする人が多かった。

f:id:urano_cobito:20090927155947j:image f:id:urano_cobito:20090927161339j:image

f:id:urano_cobito:20090927155937j:image

f:id:urano_cobito:20090927155936j:image

さて、3km手前をりかさん通過のコール。しかしそこから思ったよりも遅い登場。後で聞いたらトイレに行ってたって。顔もそんなにへたってないし、食欲もあるし、心配な腰も爆発してないようだ。ニューハレテープのお兄さんもサポートしてくれた。りかさんの頑張りにいつの間にか味方が増えるのだ!じゃあ行こうか~

5A~ゴール

f:id:urano_cobito:20090927155935j:image

f:id:urano_cobito:20090927155934j:image f:id:urano_cobito:20090927155933j:image

f:id:urano_cobito:20090927155931j:image

f:id:urano_cobito:20090927155930j:image

f:id:urano_cobito:20090927160250j:image f:id:urano_cobito:20090927155929j:image

f:id:urano_cobito:20090927160249j:image

ペースはさすがに66km走った後だからゆっくりだが、歩きを混ぜつつもサボることなく、気力が溜まると「ちょっと走る…」とりかさんは声をかけて走り出す。健気で感動的であった。コース上のスタッフも、「あなたを応援するために来たぞ~」などとテンション高い。ペーサーの私は余力あるので、出来るだけにこやかにしております。やっと、走る側としてエイドを受ける。コンソメスープとじゃがいもが◎!エイドが充実しているせいか、コース上のごみが非常に少ない。サポートについてはポリシーで良し悪しあると思うが、ペーサーは暇なのでたまに落ちてるごみも登山者のものらしいごみも拾う余力があった。ちなみにコースは、池の縁やら、林道やら、木道やら、参道やら。トレイルの繋ぎを飽きさせない弘樹魂。しかし飯綱山を入れるのはドSですな。

17時間を切ってゴールした。

ペーサーをやりたい人へのメモ

  • 今回、ペーサーと合流後のりかさんのCT短縮率は休憩込みで約56%。
  • 高度計、GPSロガーは持っていく。
  • 配布地図に加えて山と高原地図も。
  • 行動予定には短縮CTだけでなく標準CTも書いておく
  • 選手の荷物を全部持つなら、ザックは余裕のあるものを
  • エアサロンパスは結構便利
  • 2000円の参加費でパタゴニアのTシャツが貰えるのは(デザイン賛否ありましたが)嬉しい

改善希望点

  • ゴール地点から1時間ぐらいかけて宿まで移送はいろいろと大変
  • コンビニ渋滞
  • ゴール地点に選手/ペーサーの車をデポさせてくれれば、後泊の人は若干経るかもしれないがストレスも移送トラブルも少なくなるのでは
  • 参加者で出来る対策としては、ゴール地点のお風呂に入りすっきりした後で移動中は寝てしまう、ゴール地点で飲食を済ます、宿についてから飲み食いしたいならあらかじめ買っておく(祝杯とか)

全体の感想

選手としてきちんと一度走ってもいいかな。拘束期間長いし、お金も宿泊費込みにすると4万ぐらいかかるみたいですが、レジャーな部分も多いしね。ペーサーは気軽にやれて楽しい。またやってもいいなと思うしやるならもっとうまくやりたいと思う!