カモシカマラソン1日目

2009/08/22(土) Posted in 参加しました
内容山都駅(福島県)~飯豊鉱泉(川入)~飯豊山縦走路~大石ダム~胎内温泉(新潟県)
距離85km(山岳40km)
時間山都駅8/22 7:00―9:31川入キャンプ場(23.0km)9:39―12:12三国岳(28.0km)12:20―14:57飯豊本山(34.5km)―御西小屋―16:46大日岳(40.0km)―18:00御西小屋泊
リンク「カモシカマラソン」の話 : ムサッシーのブログ
備考2人ペア夜間行動無しの山岳縦走


参加制限があるけれど、カモシカマラソンはとても魅力的だ。特にこの飯豊山は、なかなか縁が無くて思いつかないだけに、いい機会だと思いエントリーした。この夏はトレラン系ではあまり遠出しなかったので、唯一の夏走りという感じ。割とまじめに装備と調査は準備するが、暑くなってからほとんどトレーニングをしていないのはもちろんいくない。今月の走行距離は、スポーツエイドジャパン関連の大会ばかりではないか。

f:id:urano_cobito:20090826221737j:image f:id:urano_cobito:20090826221736j:image

8/21(金)、新宿駅23:00発の夜行バス会津若松駅行きで現地入り。バスに乗る前にパートナーを組んだかどさんと合流し、ビール1杯のつもりが15分で2杯飲んでしまう。そしてさらに乗り物酔い止めを飲み、爆睡したのであった。

8/22(土)、5:20着 会津若松駅5:31発=電車=5:59山都駅 6:30説明会-7:00スタート。天気は曇りのち晴れ。実は実行委員長・舘山さんの百名山のちょうど百座目ということで、うちら全員おまけ?!それでもOK、お祝い事なら大歓迎!ということで、スタート前にはケーキまで用意されてなんだか誕生会みたい。参加者は結局16組34名(3人パーティもある)。いつも主催で運営に回っている方々も本気で走ってる。いや、本気ならもっともっと速いか。なんかこういう場がおもしろい。スタッフより、荷物は登山口まで車で運ぶとのお達しが。断る理由無し。空身いえーい。23km。

山都駅~川入~三国岳

しかし途中ガス欠&暑くてへばった。帽子を落としたが後ろの方が拾ってくれたようで、夜に小屋でまた手元に帰ってきた。お気に入りだったので嬉しい。川入から登山道。土の中で雲母が金色に光っている。花崗岩質は脆く、登山道がえぐれて挟まりそうなぐらい細い深い溝になっている。銀名水の場所が分からなかった。峰秀水はばんばん出てる。飯豊山縦走路は水場や池が多くて、冬の雪深さを感じさせる。三国岳で小屋の人に、おにぎりのごみを指差して「カモシカの人か知らないけどねえ」と言われる。「?」と思っていたら、別の登山者がとりなしてくれた。「速い=荷物が軽い=ごみを捨てる」と思ったらしい。うーん、こういうの、初めてじゃないけどね。そう思われるような人がいたのかもしれないし、私も何かを落とさないとも限らない。故意じゃなくてもそう見られるのかな。はぁぁ。

飯豊山

ここらへんの小屋は素泊まりがほとんど。北アや南アみたいな至れり尽くせりの小屋はむしろ珍しい。食料・シュラフ・ガス・一応ツェルトも持っているので、水込みだと7kg。まあ、軽量化を尽くすようなレースでは無い&共同装備で重いのは大体かどさんが背負ってるんですけどね。しかしかどさん余裕・自分いっぱいいっぱい。種蒔山は、ここの雪が消える頃、里では種を巻くのかしら…などと勝手な妄想をしながら通った。だんだん岩稜がちになる。姥権現は本当にうばっぽい顔をしていた。百名山である飯豊山(いいでさん)2105.1mに到着。福島の信仰の山で、廃藩置県で他県になるところ大反対があり、飯豊山と参道に沿い、県境がびよーんと伸びている。大体、コースタイムの6割で予定を立てていたのだけど、1時間ぐらい早く着いた。ここらへんでちょっと寒くなり、ぺらぺらウィンブレを着る。宿泊予定の御西小屋まではあと一息だ。

御西小屋~大日岳ピストン

15:30頃に御西小屋に到着し、受付を済ませてから水と雨具とヘッデンと地図だけ持って、大日岳のピストンに出る。雷も無さそうだ。1時間で登って45分で戻る予定だったが、45分で登り、帰りが逆にへばって、水汲み込みでちょうど1時間。天気が回復して、夕陽が差してきた。写真のほとんどは、この大日岳の辺りだ。小屋の人によると花のピークは先週だったらしい。チングルマがもう綿毛だ。でも十分に美しい。

f:id:urano_cobito:20090826221735j:image

f:id:urano_cobito:20090826221734j:image

f:id:urano_cobito:20090826221724j:image

結局、定員30名の山小屋に参加者が集合してしまい、他の登山者には申し訳なかった。一人、のまダッシュさんだけがクールにツェ泊していたので、私らもツェを出すか?と考えたのだけど、風の強さにへこたれてしまった。だってこの小屋、すんごい暖かいんだもん。シュラフ(イスカ150)だと暑いくらい。シュラフカバーで良かったかも。出来るだけ急いで晩飯(私は汁ビーフン&山菜おこわ&ウィスキー♪)作って準備して寝たんだけど、夜も朝もがやがやうるさかったので、ああ…マナー悪いってまた嫌われちゃう…とやや胃を痛めながら(飲み過ぎ?)、19:30寝たのであった。まとめて受付して、1Fに固まるとかすれば良かったかもな。汗かいた胸周りがちと痒い。

f:id:urano_cobito:20090826221731j:image f:id:urano_cobito:20090826221723j:image