奥武蔵ウルトラマラソン

2009/08/02(日) Posted in 参加しました
大会名第16回奥武蔵ウルトラマラソン
距離77km高低差800m 舗装路
記録9:40:56
リンクno title
備考女神二人に導かれました。出てよかったあ


去年は出れなかったけど、初めて知った時から完全にリピーターになってしまったこの奥武蔵ウルトラマラソン。毎回進歩の無いレースをしてしまってる反省もあるけど、疲れ終わったその後にも、淡々と走り続ける景色はやっぱり今年も出て良かったと思えた。

実は最近、練習日記もつけてないし、10km走るのもまれで、いかんなーと思っていた。3-4時間歩き回るのは多いんだけど、、、あとランニングウォッチ忘れたのでつけてない(爆)

スタート前に代々木RCのミカさんとゆりさんがサプライズ応援に来てくれた。

私は例年なら9時間ぐらいの予想なんだけど、ちょっと自信が無くて、11時間予想のパンちゃんと行けるところまで一緒に行かせて貰う。前半の女神・パンちゃんの「沈まず漂う小船」と称する走りは快適で、おしゃべりしながら鎌北湖の後の坂も越えちゃって、25kmまで二人で進んだ。そこからは分かれて各自健闘。うーむ、いつも思うけど高山不動が遠い。そして序盤から振り出した雨が本降りになり、体が冷える。急いでもいないので十分に給水してはトイレに入る(計3回)。食欲もちょうどいいし、痛いところも無いんだけど、ちゃんと練習してないつけはきちんと来てる。折り返してきた知人とハイタッチしたり、「なんでそんな位置にいるのー」とか言われるけど心外よ!ナチュラルにこの位置にいるんだってば!あうあうあう。46.4kmの折り返し(全体の中間ではない、後ろ)までに6時間かかって、身体ガチガチになり始める。

霧の刈場坂峠でエイドスタッフのEmilineさんに見送られる。寒そうなのにお疲れー。その後、雨が酷くなった。ランシャツだから寒い。ああ、下界に下りたい、下りるしかないと思ったらちょっとテンションが上がってペースアップすることが出来た。そして、残り20kmぐらいで、後半の女神・ヤスコさんに声をかけられる。blogを見てくださってるとのことで、元気になってお喋りしながら二人で併走し始める。ウルトラの最後の20kmって、一番しんどいのに、なんか忘れたように二人でべんべん下って、往路よりも勢い良く最後の坂を登って、10時間切れる?断然切れそう!となっても元気は尽きず、今思うとアドレナリン大フィーバー中だったのかもってくらい、面白おかしく走ってた。

結局、残りの30.6kmは3時間40分であっという間の感じ。最後、手繋ぎゴールをしてもらって、やっぱり今年も忘れられないレースになったなあ。。。と、思ったのでした。

おつかれー。