四国3日目

2009/03/19(木) Posted in 参加しました
行程昼:小豆島 高松=フェリー=草壁ー丸金醤油ー「二十四の瞳」の分教場ー森國酒造
ーサンオリーブ温泉ー池田=フェリー=高松
夜:sutakoさん宅へ移動、仮眠
備考今日はゆるゆる休養日としよう。そうだ、島へ、チャリで


小豆島

7:30起床、アヲはママチャリ、私はアヲが友人から借りてくれたマウンテンバイクで高松港へ。そのままフェリーに自転車を積み込み、小豆島の草壁へ1時間。9:30-10:30。2人とも、ちょっと疲れてて眠い。島に着いたら丸金醤油を見る。町がお醤油の匂いで溢れている。醤油ソフトを食べるも、町の匂いにかき消され風味が分からない。次は佃煮工場へ向かう。今度は佃煮の匂いが溢れている。そのまま海辺を走って大角鼻灯台に向かうも、途中で行く手に山に沿って登る斜面を目撃し、目的地を変更して「二十四の瞳」の分教場へ。途中の海で少し休むと、くらげが沢山いるのが見えた。ちょうど12時、佃煮工場の人が白い帽子でわらわら出てきていた。昼休みか。その後ちょっとだけアップダウンある道をこいで分教場へ。しかし、残念なことに、私この映画よく知らないんだよな。小豆島はオリーブでも有名で、D○Cのよりさらさらと使い心地のいい化粧用オイルを購入。レトロなボトルが可愛い。

f:id:urano_cobito:20090326220013j:image f:id:urano_cobito:20090326220012j:image

お腹が空いてきたので折り返して、森國酒造へ。小豆島で唯一の、最近出来た酒造メーカーが、ギャラリー&カフェバーを併設しているらしい。色々回りたいのでここは軽く済ませて、別のランチにも向かうということにする。他にお客さんはおらず、店の人はなんだか電話で忙しい。酒スイーツはメニューから無くなっていたので粕汁を頼むが、なかなか出てくる気配が無い。どうせならとカフェ限定のお酒を1人分頼んだら、「お待たせしてすいません、サービスです」と、酒2人分と佃煮を出してくれたので大喜びで飲んだ。好みの辛口の美味しいお酒。おしゃれカフェだ。後で出てきた粕汁も大根いっぱいで美味しい。しばしくつろぐ。

f:id:urano_cobito:20090326220010j:image f:id:urano_cobito:20090326220005j:image

店を出て、池田の方向へ向かう。オリーブ園で石鹸と飴を買う。昼食にと思っていた「野の花」という店に一生懸命向かったが着いた時にはオーダー時間の15:00を過ぎていた。またオリーブ園に戻るが、そこもカフェタイムになってドリンクしかなかったので、更に少し戻りサンオリーブ温泉へ。食事もやってた!ので海を眺めながらのんびり昼食?をとり、温泉に入る。広くてさっぱりして露天もあって良いお風呂だった。17:00に上がり、17:15に出て、チャリを飛ばして17:45池田港へ。18:00のフェリーに乗る。高松からアヲ宅へ戻り自転車を返す。が、鍵を返し忘れていたことに後で気付いた。休養日のはずが42kmぐらい自転車こいでいる。結構アップダウンもあったなあ。

f:id:urano_cobito:20090326215958j:image f:id:urano_cobito:20090326215956j:image

アヲちゃんとはしばしお別れ。sutakoさんに迎えに来ていただき、明日からの山へ備えてsutakoさん宅へ移動。一気にギアを変えて山の準備をして、明日は2:30に出発。なんだかんだで話もつもり、23時就寝。

photo by id:awosan

f:id:awosan:20090322203519j:image

f:id:awosan:20090322203520j:image

f:id:awosan:20090322203524j:image

f:id:awosan:20090322203523j:image

f:id:awosan:20090322203522j:image

f:id:awosan:20090322203521j:image