上州武尊(2日目)

2009/02/15(日) Posted in ブログ
内容雪洞1泊冬山入門
行程宝台樹スキー場P―(リフト)―宝台樹尾根―(テント泊)―上州武尊―宝台樹スキー場P 時刻はあとで
メンバーミーさん、オデさん、ランさん、自分
距離駐車場―0.8k―ロープウェイ駅―(1.5)―ロープウェイ終点―5―武尊山(折り返し)
備考春山っぽい冬山デビュウ


f:id:urano_cobito:20090216010303j:image

「さうして睡つておいで。布団をたくさんかけてあげるから。さうすれば凍えないんだよ。あしたの朝までカリメラの夢を見ておいで。」

 雪わらすは同じとこを何べんもかけて、雪をたくさんこどもの上にかぶせました。まもなく赤い毛布も見えなくなり、あたりとの高さも同じになつてしまひました。

「あのこどもは、ぼくのやつたやどりぎをもつてゐた。」雪童子はつぶやいて、ちよつと泣くやうにしました。

宮沢賢治「水仙月の四日」

朝はミーさんの豆乳リゾットでほかほか。昨夜オデさんが作ってくれたコーヒーゼリー練乳がけもうまうま。テントはポールだけ抜いて不要な荷物はデポし、7時出発。いい天気。風も無し。ちなみに今回ちょろりバリエーションルートなので、トレースは数日前?のスキーの跡が一人分のみ。夏道に合流しても人の気配無し。手小屋沢避難小屋が見えるはずと思っていたら看板があって、埋もれている小屋の面影が、雪の下にちょろっと見えました。

今日はアイゼンで歩いてますが、慣れるまで足幅を小さめにゆっくり歩いてみたら、雪に沈む回数が減った気がします。焦ると前傾になって駄目みたいね。なんかこの雪の感じ、何かに似てると思ったら、クレームブリュレだわ。あの表面を割らないように歩いてる感じ。

山頂直下の岩場に近づくにつれ、「デブリ跡がなんかイヤねえ」とか「気をつけてトラバースしてね」という会話が多くなり、最後、時間的な問題もあり、右で直登するか・左で雪がついている行けそうなところを探すか・ここで下山するかの偵察検討会。今回は私が初の雪山だったので、山頂にこだわらず行ける所までという予定だったのですが、オデさんミーさんにわしわしとステップを切って頂き、後ろからランさんに歩き方を教えて頂きながら、難所通過。ステップに一歩一歩爪先をがっつり叩き込み、ピッケルを雪にしっかり刺して、クライミングで動く時のように3点支持で。一番雪の薄いところでは岩が見えていて、夏道の鎖も見えていました。

f:id:urano_cobito:20090216010305j:image

上の平坦地に登ったら、透明でべっこう飴のようなえびの尻尾*1がついた樹氷と、パノラマの雪山でわーい。谷川岳の一ノ倉が黒く見えました。あらー黒いわーとランさん。はるかの方々は外国でのクライミングの練習で谷川を登るらしいのですが、こんなに雪がついてないのは珍しいみたい。

f:id:urano_cobito:20090216010304j:image f:id:urano_cobito:20090216010306j:image

11:30登頂。みなさんのお陰でここまで来れました。ありがたいー。汗ぐっしょり、喉からから。ウェア選択間違えたかと思ったけど(長袖・ハイネック・薄手ダウン・雨具)、今日は特に暑いらしい。雪は食べると喉が焼けるらしいから氷の方がいいよ、と聞いたので海老の尻尾をつまみぐい。それぐらい脱水だったんです。テルモスの500mlとペットに200mlでは全然足りず、節約節約…。山頂近くでやっと人に会いました。聞くと、川場の方からリフトを使えば、2時間で山頂に立てるとのこと。私ら、一泊してさらに5時間です。同じ山頂でもなんか嬉しい。さて、昨日と合わせると7時間の行程をこれから下るので、急ぎ気味で軽食を補給し、テルモスのお茶を飲んで名残惜しい海老の尻尾たちを後にしました。

f:id:urano_cobito:20090216010308j:image

帰りはまた難所を気をつけて下り。アイゼンに雪ぼっくりがつくのでピッケルで叩き落しつつ。途中からはアイゼンも外して、夏の富士の砂走みたいにばすばすと下りました。あ、私のスパッツ、マジックテープに雪がついて外れそうだなあ、靴紐も緩んできたなあ。次から気をつけよ。分岐からテントが思ったより遠く感じたけど、2.5hで出発地点まで到着。その後テントを撤収し、またまたずっしりのどっかりの60Lザックをいっぱいにして下山。

ロープウェイ駅で一息入れると、ちょっと一安心な気持ちになって、最後はスキー場のはじっこをとことこ歩いたり尻で滑ったりしながら帰りました。枯れ木の中にアフロっぽいやどりぎだけが葉っぱの塊になってました。駐車場16:40。飲み物を買ってビーコンを外して、ほーっとしました。一日しっかり遊んだなあ。ミーさん、オデさん、ランさん、今回も本当にありがとうございました。

f:id:urano_cobito:20090216010302j:imageビーコン

冒頭に引用した「水仙月の四日」は、賢治のお話の中で地味ながらかなり好きな話です。要約すると「雪洞は暖かい」…もありますが、やどりぎが再生のシンボルであったり、雪童子とは雪婆んごに昔「とられて」しまったこどもとかいう説…えーと機会があったらぜひ読んでみてください。

*1:えびの尻尾:木の枝に雪や氷が吹き付けて、海老の尻尾のように片方に伸びて凍ったもの。