藤坂ロック

2009/02/11(水) Posted in ブログ
内容外岩クライミング@藤坂ロックガーデン
メンバーオデさん、ランさん、ミーさん、雨男さん、Kちゃん、自分
備考ダブルロープとクラックを初体験


f:id:urano_cobito:20090216005905j:image f:id:urano_cobito:20090216005904j:image

  • 南陵(簡単級):3人でダブルロープで。ダブルロープ初めて。システム、声かけについて教わりながら上る。ロープに名前を付けて声かけに使っていた。
  • みんな集合したら懸垂下降。支点にした残置ロープがボロっぽくて沢山バックアップを取る。
  • 下りたらミーさん達アイゼントレ組と自分たちトップロープ組に分かれる。
  • パピヨン岩稜(IV級):最下部と、最上部がIV級らしい。ランさんがリードで上ってる最中、この岩場を開拓・所有している斎藤さんが「そこルートじゃないよ」「下降は右側で下りないとロープがクラックに挟まって動かなくなるよ」等アドバイスして下さった。次のKちゃん、どんどん上達を見せて逃げずに上る。自分もトップロープで挑戦。最上部でクラックのテクニックをちょっと試すも、怖くなって右に逃げた。
  • その後、オデさんアメオさんミーさんの上りを見てから、再挑戦させてもらう。他メンバーの声援とアドバイスに助けられ登ったが、吊り上げられ気味。
  • このとき、ロープがすごく重くて上でキンクしてるんじゃないかという予想で上がっていったのだけど、トップロープの支点のビナで環付で無いやつが一個開き掛けてた。もう一つは環付だったから良かったけど、やっぱり開く事あるんだ。。。
  • クラックアラカルト(V級):途中まで。トップロープの変形版みたいな形。リードで上った雨男さんに上でビレイしてもらって、ロープの末端でなくてエイトノットで作った結び目でアンザイレンして上った。オデさんにフレークを教わる。
  • 懸垂で下りる途中に下の人に「止めるよ」と言われて良く理解せず(ダメ)「はーい」と言ったら、「びっ」とロープを張られて動けなくなった。じたばたした。なるほど。
  • 同じ級でも、高いところだと怖くなってギブしちゃうみたい。グラウンドフォールしやすいのは下の方なんだけどねー
  • 先日のトレランレースでも、後半持たないんじゃないかという不安で中盤のタイムが過剰に落ちてしまった。よくやることなので、クライミング関係の本を読み終わったらスポーツでのメンタルトレーニングの本をちょっと読んでみようっと

ーーー

後日、ランさんにアドバイス頂きました。

「同じ級でも、高いところだと怖くなってギブしちゃうみたい。←これはとても正しい感覚なのです。高いところは怖いと感じなくなったら事故るんですよ~」あとはメンタル的には「諦めない」しぶとい根性みたいなものがつくといいんじゃないかなということなのですが、すぐにぴーぴー言って下りちゃうんだよねえ。ぼちぼち続けて行こうと思います。私が走ることから学んだのはぼちぼちマイペースなのかも^ー^