TJAR3日目

2008/08/12(火) Posted in ブログ
大会名 トランスジャパンアルプスレース2008
距離 約421.5km(登山道:約225.5km、一般道:約196km)
コース 富山県・早月川河口→馬場島⇒北ア(剣岳~槍ヶ岳)⇒上高地→境峠→薮原駅→木曽駒高原スキー場⇒中ア(駒ケ岳~空木岳)⇒駒ヶ根高原→→駒ヶ根駅→市野瀬⇒南ア(仙丈岳~茶臼岳)⇒畑薙第一ダム→田代→井川ダム→富士見峠→油島→静岡駅→静岡県・大浜海岸・大浜公園
リンク トランスジャパンアルプスレース
備考 海山山山海、憧れの山岳レース。槍~上高地~中ア上り口

 

f:id:urano_cobito:20080825224837j:image f:id:urano_cobito:20080824215638j:image f:id:urano_cobito:20080824215639j:image f:id:urano_cobito:20080824215637j:image  f:id:urano_cobito:20080825224839j:image f:id:urano_cobito:20080825224838j:image

  • 槍ヶ岳山荘(CP9)[8/12 0:06]

やたらトイレに寄る。止まると寒い。下山中に眠くてふらふらして、相談して20分だけ寝ることにした。これが初の行き倒れ睡眠。ライトを消すと本当にすごい星空。少しだけ見てた。流星群に当たってるから星がいっぱい流れてる。全部の星が動いているような気もし始める。ふっと寝て、平井さんの声でびっくりして起きた。眠気取れた。

下りれば温かくなると信じて下りる。

  • 槍沢ロッヂ

未明といっていい時間なんだけど、向かってくるライトがあってレース関係者かと思うと普通の山屋さん。早起きですねえ。テント場あいかわらず人いっぱい。頭だけ出して空を見て煙草を吸ってる人がいる。小屋でまたトイレ。ここらへん調子が良くてさくさく進めた。しかし、ハイドレーションの口をどこかに落としたらしい。物落としすぎ。

  • 横尾山荘

温かいミルクティを押したら、生温い(中は冷たい)缶が。。。ぷんすか。仮眠にするが眠くない。山屋、ハイカーの姿も増え始める。歩き走りで上高地へ急ぐ。実は全然眠くない。なんで?

  • 河童橋(CP10)8/12 9:00関門[8/12 6:25-9:00]

加藤さんと会う。胃が小さくなっているようで、食事が余り入らない。口の無いハイドレを捨てて、ペットボトルにする。予定外の長居をしてしまい反省。店で帽子を買えた。これはラッキー。編笠でもいいかと思ってたくらいだから、、、軽く洗った衣類をザックにつけて干して今日は洗濯屋さん。ランパン、Tシャツに着替えてロードに入る。気楽。

  • 奈川渡ダム(CP11)[8/12 11:55]

トンネル酷かったー。奈川渡ダム近くの三つのトンネルが特に酷かった。歩道狭い上に泥が積もって斜めになって、トンネルが歪んでるせいか?アップダウンがついてる。車が来ない間にダッシュする。きっとここだけキロ5。インターバル状態だ。せっかく洗った洗濯物が黒くなった。鼻をかんだらちょっと血も出た。きっと粉塵のせい。後ろを走っていた平井さんと離れる。ダムで再会したが私は遅いので先行。その後追い抜かれるが暑くてきついのでマイペースで行くことに。しかし、トンネルがあると逆にいる場所がはっきりする分頑張れるみたい。その後は超だらだら。

  • 境峠(CP12)[8/12 16:37]

道の駅でジェラート。トマト・きゅうりも食べたいが量が多くて断念。地元のお兄さんに話し掛けられる(山もやるらしい)。「こんなことしてる場合じゃないんですけどー」「アイス美味しいっすよねー」。うっかり野麦峠の方にコースアウト!往復で3kmも無いと思うけど、かなりぼけっとしてた。水道があればアイシング、あんまり頑張らずに進む。フルーツパピコ買う。宮崎さん発見!ちょっとしゃきっとする。境峠までの登りは話しながらご一緒。ウルトラ9時間だって!早いなあ~。

  • 薮原駅(CP13)[8/12 19:46]

宮崎さんは足にマメぽいとのことで下りから先に行かせてもらう。別荘地でお腹が痛くなり、通りがかりのおじさんに聞いたらご自宅のトイレを貸してくれた。借りたら何にも出ない。変なの。ここらへん熊が出るよとのこと。道路脇の用水で足を冷やす。ざーっと雨が降ったりやんだり。気持ちいい程度の。でも駅まで長かった。スーパーでやたら買ってしまった。なんだか刺身が食べたくて店先で鯉の洗いを食べた。鯉の輪切りで煮たのも売ってた、私の家の辺りでは見かけないなあ。磯辺焼を2個買う。

  • 木曽駒高原スキー場▲(CP14)[8/13 0:30-5:30]

歩道にブラーとTEVAの足跡がいっぱい。コンビニが二つあるが、最初の方に入る。最後の方は売り切れてると思ったので(案の定棚ガラガラ)。パスタ、味噌汁を外で食べていると、土方っぽいおじさんに話し掛けられた。励まされ、(お断りしたんだけど)塩昆布とガムをお供えされてしまった。半分ぐらい聞き取れなかったんだけど、「青春だね~!」とか「いいんだよ、女はありがとうってにっこり笑ってればいいんだよ!」とか、面白いおっちゃんでした。スキー場目前で看板を読み違えて変なところに入ってしまい、30分ロス。その間に大雨振り出す。私の前の7人が停滞してて、久々に会うことが出来た。3:00に出て行くのを見送って、昨日ほぼ徹夜だった自分は明るくなってから出ることにする。しかし、あまり寝れなかった。宮崎さん、実井さんの姿はまだ無い。手前で寝たかな?