笠取山~柳沢峠

2008/06/14(土) Posted in ブログ
行程日帰りトレラン
ルート中島川橋[0800]―笠取山―笠取小屋―ヤブ沢峠―奥山作業道―白沢峠―倉掛山―板橋峠―(林道)―[1400]柳沢峠 休憩・蕨込み6h
距離23km↑1450m↓1350m
リンクワラビ - Wikipedia あく抜かないと毒
no title 動物さん達のやったコース
備考石楠花見物とコースアウトと蕨


f:id:urano_cobito:20080617232233j:image f:id:urano_cobito:20080617231744j:image

今回はrikaさんの車に乗せてもらって、いきなり笠取山というコースです。笠取~大菩薩~滝子山のラインは、公共交通機関を使うと開始が遅くなるし、車だと回収に行かねばならないのですが、今日は登山口で下ろしてもらい、rikaさんは別ルートで柳沢峠合流。前日にmimiさん飛び入り参加が決まり、二人で笠取山を上ります。途中水干にも寄り、90分で笠取山へ。石楠花を狙って行ったのですが、少し萎れてきている様子。しかし笠取山って山頂分かりづらいよね。山頂標識2本あるし、本当の最高点はその中間の凸だって登山の人は言うし。ここまでは、東京都水道局ががっつがつに道標立ててくれています。ここまではね。

以下、図の青矢印は間違いコースなので良い子は真似しないで下さい。

f:id:urano_cobito:20080618003712j:image

さてこの後、私コースアウトします。というのも、山と高原地図ではここから一本道に見えるのですが、全然違うのでした。笠取小屋からはジープなら登れるような砂利道林道なのですが、それに素直に従って行くと奥山作業道に乗ってしまいます。ていうか、道なりだとどう見てもこっちよ(青い線で進んでしまう)。本来の登山道口が分かりません。思い当たるところは、一箇所「通行止め」の看板があった分岐(ピンク印)。どうもここらへん、先日の覚醒剤を打たれた女性が行方不明になってる事件の「奥多摩の峠」近辺なので、車両が止められそうなところには通行止めが置いてある模様。捜査中なのかなんなのか知らんけど。

やたら下るので怪しく思っていたところ、右手に沢が出てきてコースアウト確定。地図見て「あー」つって、白沢峠への薄ーいぎりぎり読める看板見つけて上り返し。mimiさんごめんなさい。

f:id:urano_cobito:20080618003713j:image f:id:urano_cobito:20080617231745j:imageここはコース上

その後も、林道とは言うが車の通れない幅の道だったり、尾根線が登山道のはずだがヤブヤブの場所もあったり、急に開けたりで地図と道のイメージが合わないにゃあ。しかし倉掛山近辺では蕨を採りに来ている人を発見。わ!蕨いっぱい!ここでしばらく蕨採り。そしてコースアウトその2、不注意ぽんたです。地図からは倉掛山の山頂を通過すると思っていたのだけど、実際は山頂は10mぐらい奥まってるんですよね(拡大の○図)。そんで、そっちの奥にも道が続いてるわけ。大きな防火帯に素直に従えばいいものを、それまでの道のイメージから「あーこっからはヤブヤブなんだー」と勘違いして、西に向かう尾根にちょっと乗ってしまいました(青い線)。あ、違う、獣道だ!というわけで、恥ずかしながら引き返して本ルートへ。その手のコンパスは飾りか。あうあう。今日はダメの日です。気を取り直して、蕨をいっぱい採って帰ることにします。

最後、時間が押してしまい、レンゲツツジはパスして林道~舗装路~で柳沢峠に着いたのでした。無事rikaさんと合流。この後はのめこい湯でのんびりお風呂して、本当にお世話さまでした。

f:id:urano_cobito:20080617231747j:image

蕨は即日あく抜きして、蕨納豆(茎を細かく刻んで卵黄をかけて醤油をかけてご飯に乗せて食べる)と、厚揚げと一緒の煮物で頂いたのでした。うまうま。