佐倉マラソン

2008/03/30(日) Posted in 参加しました
名称第27回佐倉朝日健康マラソン大会
距離42.195km
リンクページが見つかりません | 佐倉市
備考5kまでのアップダウンと14kで一山、最後1km上りの難コース


陸連登録のゾーンは無いので、他の仲間と一緒にスタート。とても気が楽。5kまではアップダウンを繰り返すコースだったので、体感頼りに走る。1kごとの距離表示は分かりやすいとのことだったけど、何故か私は見つけられず、5kでほぼ24分。ちょうどいいくらいかな?5-10kも24分。10-15kはアップのせいか24分台後半。15-20分で急に26分台。車が通るすれすれの歩道が無いところ走ったりして、緊張する。25kの救護エリアを通り過ぎた後に、比喩ではなくぱたっと止まって100mほど戻り、ここでリタイヤ出来るかを聞いた。しかし、25kmってスタート地点から離れてた気がするので「無理しないで下さい」というスタッフの方を声を後に次まで進むことにする。28kmのエイドでは和風カスタネットみたいなのを使ったおばさまの応援が絶え間なく、とても力強く、顔を上げられない。結局リタイヤを言い出せず、31kmぐらいで救護所を見つけて、通り過ぎた後に後戻りしてレースをやめた。

こういうレースこそ、1割ぐらいの良い感想を捕まえてレポを書いて供養してやらねばと思いつつ日は過ぎて、次のレースは近づいてくる。川の道ハーフは一ヵ月後。夏の縦走に備えたつもりだったが、参加の資格も決意も危うい中、自分はレース中に「なんの為に走ってるんだろう」と思わないだろうか?まあ頑張らないで行きます(それがコツらしい)。偶然見た古いランナーズの、星野芳美さんの「努力はムダになるのが当たり前。」という言葉を思う。「あきらめなければ夢はかなう」と裏表のような、少し違うような気もするけど、少し元気になる。「努力はムダになるのが当たり前。」