仙丈~畑薙ダム3日目

2007/08/16(木) Posted in 参加しました
行程4泊5日トレイルラン
ルート熊ノ平小屋[0410]―53→竜尾見晴―1:06→北荒川露営地―1:28→塩見岳
―30→塩見小屋(17)―55→本谷山―42→三伏峠水場(8)―31→烏帽子岳
―28→前小河内岳―24→小河内岳避難小屋―16→森林限界
―56→板屋岳(6)―24→高山裏避難小屋―1:47→前岳―37→[1550]荒川小屋(泊11h20)
行動時間11h40(内休30)
距離約28km
備考身体も慣れてビバ南アルプス!塩見から荒川へ


f:id:urano_cobito:20070816060211j:image

この縦走中、朝はいつも霧だった。前夜宿泊予定だった北荒川は砂漠のような眺め。塩見に上る途中で霧が晴れた。ほんのみるみる間の出来事。緑と青とあまりに綺麗で泣いてしまった。長いザレ場の上りを、ゆっくり登る大荷物の人が一人、二人。私はずっとカメラを構えながら、楽しくてしょうがない。

f:id:urano_cobito:20070816064357j:imagef:id:urano_cobito:20070816064404j:image

f:id:urano_cobito:20070816073123j:imagef:id:urano_cobito:20070816074957j:image

塩見の東峰でおじさまが写真を撮ってくれた。「そんなに速いと今日は荒川まで行っちゃうんじゃねえか?」この時きっともう暗示にかかってたのだ。塩見小屋でカップラーメンと桃缶のご褒美。ちうーってシロップを飲んで、桃なんか二口でがぶがぶ食べる。前日洗ったシャツもいい具合に干しあがった。休憩中、日向の岩場の隅っこに、その他のブラとかパンツをそれとなくザックに乗せて干していたんだけど、気がついたらすぐ傍におじさんが立ってて焦った。

三伏小屋跡の水場に寄って行こうと思ったら、ロープが張ってあって三伏峠への誘導になってる。まあいいやと尾根を行き、小屋からは大分離れているであろう水場に寄って冷たい水を詰めなおした。まだ10時。今日は身体も軽く、調子がいい。小河内岳に向かう途中で雷鳥が二羽いたので声をかけると、「クルックー」と言った。ハトみたいなやつだ。少し曇りだす。

f:id:urano_cobito:20070816104219j:imagef:id:urano_cobito:20070816111524j:image

f:id:urano_cobito:20070816142422j:imagef:id:urano_cobito:20070816145307j:image

高山裏避難小屋で13時少し過ぎ。気持ちよさそうなテン場が広がる。ここで泊まるつもりだったけど、今日のペースなら荒川小屋まで行けそう。南アの南はコースタイム甘いってmakotoさんが書いてた。頼む!こここそ激甘であってくれ!ガレのまるっぴろげな斜面、登れば登っただけ視界が上がる。山頂だ、遠くで雷鳴だ。下れ!そして16時前に荒川小屋に着いていた。カレーとビール500mlお願いしまーす。今日はお祝いでいいでしょ?

この日、縦走+MTB100kmを実行中の同年代の男子3人パーティーと会う。お隣さんからは焼酎の差し入れもあり、日が落ちるまでおしゃべりして、記念撮影。明日の朝、3:00に一緒に赤石に向かう約束をしてツェルトに入る。雷ピカピカ、雨も降りだしたけど、シュラフカバー+シュラフシーツなので濡れることにはそんな神経質にならなくていい。その中に雨具を上下着込んで寝てるからどんだけ防水なんだという話。