鴨沢~奥多摩小屋

2007/05/02(水) Posted in ブログ
行程二泊三日のんびりテント泊縦走(一日目)
ルート小袖乗越―85→堂所(10)―80→ブナ坂―35→奥多摩小屋
行動時間3h30(内休10)
備考単独テント泊は初めて。眠い、休みたい→山で寝てみよ


左:一人静がふたりぼっち。右:星も月も奇麗に出ていました。

f:id:urano_cobito:20070502102830j:imagef:id:urano_cobito:20070502190412j:image

私の手元の時刻表には、奥多摩駅発0940~1015鴨沢着のバスが乗っているのだけど、いざ現地に着くとそれは無かった。同じように青くなってる人と5人で、タクシーに乗り合わせて、結局予定より早く小袖乗越に着いていた。最後に一緒に降りたおじさまは、「自分一人でも乗るつもりだったからよ」と、タクシー代の割り勘を受け取ってくれなかった。何このワンダフルワールド。忘れません。

テント泊に十分の装備は重く、肩痛い、重い、のに、癖で休まず歩きおにぎり。途中ヘリの音。前後していたおじさまが「誰か落ちたかな」と言う。「いやですねー」と言う。すぐに静かになって、コースタイムより少し早く着く。奥多摩小屋でテントの受付をしていたら、ご主人に、「余計なお世話だけど、そこに座ったら楽なんじゃないの?!」とツンデレな対応をされる。萌えー。少し斜めだけど、水はけの良さそうな所にテントを張った。チキンラーメンとおにぎりでご飯。インドア派なのであえてテントの中で。そのまま眠くなって昼寝してしまう。

起きたら日没。丸い月、遠い街の明かり、夕暮れの中別に汲まなくていい水を汲みにお散歩。戻って、紅茶+ウィスキーを飲んで、星が出てるかもしれないけど見ないで寝た。風は無くて他のテントからいびきが聞こえる。月明かりでテントが明るい。