青梅~棒ノ峰~一杯水

2007/04/29(日) Posted in ブログ
行程日帰りトレイルラン
ルート永山公園―34→矢倉台―1:06→[0752]雷電山―27→高源寺―43→高水山(7)―22→[0932]岩茸石山―1:00→黒山―22→棒ノ峰―37→長尾ノ丸―1:16→[1054]日向沢の峰(7)―24→蕎麦粒山―34→一杯水―42→東日原
行動時間8h22(休14込)
距離あとで
備考TTR100前半の前半。荒道、かたくり、日向沢の急登、帰りのバスまでチキチキレース!


f:id:urano_cobito:20070429121123j:imagef:id:urano_cobito:20070429111324j:image

f:id:urano_cobito:20070429121204j:imagef:id:urano_cobito:20070429131431j:image

今日も始発で来た。永山公園からゆっくりスタート。ストックを外したり付けたり落っことしたり、へまばかりしている。あー、身体も動かないなという感じ。調子が出るまでゆっくり粘ろう。矢倉台まででも走りきれずに歩いてしまう。辛垣城址に間違って行きかけて戻ったり。少し調子が出てきた雷電山から、なんだかわけの分からないコースに今年のTTRは変更されているわけですよ。そこを確認。えええ。ありえん。獣だってもうちょっとまともな道作るぜ。なにこれ。崩れてざくざくだし。と、腹を立てながら滑落していたら、上で黒いふくふくした兎が跳ねて、石を落としていった。ほんと。

完全にペース崩して、低調のまま高水山へ。しかし今日はいい天気です。岩茸石山まではすぐだけど、あー、こんな岩場だったんだ、という感じ。一年前に走ったきりだから、全然覚えて無い。黒山までは3回ほどのピーク。辛い。暑い。左手に、富士山の頭だけちょこっと見えてる。棒ノ峰まで一瞬だけだけど、メジャーなルートと被って賑やかでした。休憩せずに抜けて日向沢ノ峰へ。もう十分にくたびれてるけど、今日のコースの核心部はここなのだ!ここをやるために今日は来たのだ!

しかしハイキングマップで破線のこのコース、以前に来た時は破線に相応しい薄い巻き道だったのに、なんだか大分立派なルートが出来ている。槙ノ尾山も長尾ノ丸も、ピークを通る尾根道がしっかり示されてて、巻き道には棒が置いてとおせんぼしてある。頂上の道標まであるじゃないですか。しかもこの日は好天・連休というわけで、マイナールートと思っていたけど15人ぐらいの人とすれ違った。皆さん急登好きですねえ?それとも知らないで来てる?

花が綺麗で疲労も相まって撮影会モード。食料ほとんど食べた。昨日でグリコーゲン使い終わっちゃってるのかな。食べるもの無くなって、ブドウ糖がんがん喰い。そのあと短時間だけ超動けるのが面白い。前回もそうだった。送電線までの急登は我慢できた。でも最後、トドメみたいなのあるでしょ。あれはきつかったよ。

日向沢から蕎麦粒まで、広い尾根道をさくさく走る。蕎麦粒手前の急登、辛いと思っても大丈夫、足元だけ見て顔上げないで、複歩を1として100数えてみよー♪蕎麦粒君すぐ側にあるはず。これが最後の急登。本番でも、ここまでが頑張り上りです。あとはまあ適当にへろへろ走って下さい。一杯水、2mぐらい上にホースで水が。水道ひねったぐらいの量は出てます。結構使える感じ。東日原14:50のバスに間に合いたくて、膝も何も忘れて走った。久々に泣きが入った。

TTR、これで全コース試走した。すればするほど、通しでやるのは厳しいなと思う。でも、まだ完全に望みは捨てきれない。そんな感じ。