山岳耐久レース

2006/10/09(月) Posted in 参加しました
大会名第14回日本山岳耐久レース
距離71.5km
アクセスJR武蔵五日市線武蔵五日市駅から徒歩15分
地図map:x139.0124y35.7380
リンクhttp://www.togakuren.com/menu/menu.htm 東京都山岳連盟
備考2回目の参加


去年よりパワーアップしている気が全くしない中での参戦となりました。装備にストックを一本追加。食料はジェル系を大幅追加。

2005
(LAP)
2006
(LAP)
感想
スタート 00:00
(0:00)
00:00
(0:00)
スタートダッシュで転ばなくてほっとする
浅間峠(22.66k) 04:41
(4:41)
04:10
(4:10)
右膝死亡、腹痛、マメ
三頭山(36.32k) 07:58
(3:15)
07:11
(3:00)
2000円のストック大活躍
月夜見山(42.09k) 09:25
(1:27)
08:27
(1:16)
ゴールできるかもとやっと思う
御前山(46.57k) 10:50
(1:25)
09:39
(1:12)
風強くて寒い
大ダワ(49.77k) 11:37
(0:47)
10:22
(0:42)
まだ2005自分に連勝中
大岳山(57.31k) 12:33
(0:55)
11:15
(0:53)
右大腿四頭筋、左足の指が攣る
御岳山(58.00k) 13:20
(0:47)
12:15
(0:59)
大岳の下りは膝我慢勝負。2005自分に初黒星
ゴール(71.50k) 15:21
(2:01)
14:13
(1:58)
結構歩いた気がする

スタート~第一関門(472位)

小刻みなアップダウンで、もう膝が痛くなりだした。最近山を走ってる時に、ふくらはぎから膝に痛みが移って来たので、まあ本番もなるだろうと思っていたけど第一関門前というのは痛い。ストック使えないやん。渋滞にはまらなかったのは良かったが、最初ゆっくりの自分としては結構なオーバーペースで全身が苦しい。どこかで建て直しをしなきゃ、と思う。頭には手ぬぐいだったので木漏れ日が眩しい。帽子にすればよかった。でも大半が夜間走行なので迷うのよね。

第一関門~第二関門(395位)

第一関門の後、おもわず斜面で一旦休憩。左足親指にマメ防止のテーピングをしていたが、テーピングと人差し指がすれてそこにマメ。絆創膏でやれば良かった。応急処置をする。大福を半分食べる。ところで今回の補給は、グリコーゲンリキッド4本とレモン果汁をミックスしたものを、200mlの小さいペットボトルに移し変えた物×2。これは良かった。大福は楽しみにしていたが、半分に切ったのが潰れて「餡+皮」の何かになっていた。 第一関門でかなり死んでいたし、お腹が痛い。だんだん胃の痛みになり、「おうぇ」となる。胃薬を飲む。が、今度はお腹がごろごろして、ガスが溜まる。ゴールまでずっとお腹の調子は悪かった(他の人も結構お腹に来たらしい)。本気でリタイアを考え続けるが、リタイアするポイント=スタッフが応援してくれてるところなので、走り続けてしまう。西原峠まで適当な団体に収まって走り続けられたことで気分が大分楽になった。ライトはLEDで完全に見えた。去年とえらい違いだ。夜景は本当に綺麗だった。街の灯の、光の海から月が昇ってきたようだった。見とれているとこける。そうここは夜の山道。 最近雲取にせっせと通っていたせいか、三頭山の登りを長く感じなかった。かといってペースアップするわけではない。

第二関門~第三関門(314位)

御前山、大岳山の下りで膝が曲がらなくなってしまう。ストックでごまかしつつ、酷いときには片足ずつ横になってかにさんのように降りる。ここらへん、何を考えていたか余り記憶が無い。今年は、第一関門までを大幅に縮めて、それ以降は去年より一分でも縮めるように計画していたので、手には去年のタイムを書いていった。こんなに潰れているのに、大岳山まではまだ去年より速い。しかし大岳~御岳山、去年の自分がんばりすぎだ。のりのりだ。今年は綾広の滝で水を飲む。顔も塩でばりばりだから洗いたかったけど人が待っていたので省略。かなり序盤で汗かいたんだな。14時間代はいけるかもと思う。

第三関門~ゴール(301位)

後はもう適当に(というとなんだけど)できる限りで走ればよいのです。日の出は夜景が絶景。階段が足に最悪。でも緩い下りはストックがあればなんとかこなせるのは先週赤杭尾根を走ったときに試し済みだったので、適当なペースでは進めるだろうなと思った。ところどころへばって歩く。金毘羅神社からの雑な舗装路は、練習の時には長く感じるけど、本番では本当に短く感じる謎の道。嬉しいなあ。帰ってこれました。ラストスパートで3人くらいかわして、最後は「わー、やっとついたー」とか言いながら万歳してしまった。

おまけ

年代別で6位。去年より賞品が少なくてしょんぼりする。CW-Xの上着だった。来年以降は今のタイムでは入賞圏外でありますのに…。チームバスクの人に、賞品でバスクの靴が渡っていた。私にこそ下さるべきではないのか。しかし、最初で最後かもしれない表彰式、良い記念になりました。レース中にごみがいっぱい落ちてた。去年の5倍ぐらい見かけた。来週動けそうだったら清掃登山に行ってみようかなと思うけど、ちょっとわかんない。女子控え室を使ってみた。静かでゴールに近いしすごく良かった。むしろ私がうるさかったかもしれない(ゴミ袋ががさがさいうやつだったり)。初めて温泉にも行った。これも大変良かった。応援の電話、メール、直接会場へ来てくださった方、こういうのがあるから山耐は楽しい。参加の皆様、会えた方も会えなかった方も、同じコースを走った人のレポが続々上がるのを楽しみにしています。おつかれさまでした。ちゃんとケアしてね。