さわらびの湯~日向沢ノ峰周回

2005/10/01(土) Posted in ブログ
行程日帰りトレイルラン
ルート飯能駅→[バス]→さわらびの湯(09:00発)→白谷沢→棒ノ折(10:10)→日向沢ノ峰(11:40)→蕨山→さわらびの湯(14:50)
行動時間5h50(20kmぐらい)
地図map:x139.1013y35.8654
備考山耐一週間前は奥武蔵で気分転換


f:id:urano_cobito:20051002182607j:image

最後だから軽めってことで「へろ~ん」と行ったら、結構あれやこれや。奥武蔵は奥多摩より人が少ないせいか、綺麗な苔があったり石の色も緑の色も鮮やかに思います。晴れていて空も青かったよ。

飯能駅→[バス]→さわらびの湯(09:00発)→白谷沢→棒ノ折(10:10)

  • バスのフリーパスで木の板くれた。ちょっと嬉しい。
  • 師匠の団体抜きテクを見た。沢は楽しい。

棒ノ折(10:10)→日向沢ノ峰(11:40)

  • 醍醐のまき道みたいな細い道をずっと行くと、ムロクボ尾根みたいなどどーんとした急坂が出てきて笑っちゃった。
  • TTRの看板発見。なんとなく廃墟を見たような気持ちになる。

日向沢ノ峰(11:40)→蕨山→さわらびの湯(14:50)

  • 分岐でちょっとうろうろ。さらに途中で間違って林道に下りちゃったので、突っ切れそうなところを登ってトレイルに戻る。
  • 地図に無い道と藪でハイになる(私だけ)
  • 小鹿がきゅうきゅう鳴いてたけど姿見れず(私だけ)
  • 蕨山からは久々に後先考えず全力で。ごちゃごちゃ考えないでまっすぐ下ればいいや。と思ったら気が楽になった。楽しかった。あー、自分こうやって走れたんだったー。と思った。

装備メモ

本番仕様で行ったんだけど、ちょっと変更しようと思うのがいくつか。

  • 新しいレオナはどうも紐の締め方が甘かったか靴下が薄かったか爪先や足裏が当たって気になった。右の親指の爪、少し死んだかも。本番は慣れてる方で出よ。
  • ロングタイツ+登山靴下+ゲーターは暑かった。本番の夜間の後半とか膝を考えるとロングかなってずっと思ってたんだけど、走るたびに違和感あり。先週の雨夜間でも「鬱陶しい」と思った。上半身は汗で寒いけど、脚は暑くて窮屈で上り下りのせいかいつの間にずり落ちてる。ハーフタイツの方にまた気持ちが。

今まで何回か走って、指摘された事。「前に出ると速い。後ろにつくと遅い、転ぶ」。言われるまで気付いてなかったけど、今回も一回なんでもないところで転んで、それも追っかけてる時。普通後ろにつく方が楽っていうけど?えっと、見られてないとサボる?単独だとどっちモードに?この切り替えスイッチはどこにあるの?私の背中の私の手の届かないところ?突き詰めると今の自分の致命的な欠陥に至りそうだけど、じゃあ、いつかずっと速いモードで走れるようになったら?もっと遠くまでいけるかしらん。とりあえず本番は、「後ろから無言の気合で押されてるつもりで。」走れればいいな。これで試走はお終い。