[ブログ]第8回東京・荒川市民マラソンinITABASHI

2005/03/20(日) Posted in ブログ

初のフルマラソンです。

Time

距離スプリットラップ感想
10k 1:08:521:08:52号砲→あ、トイレ行っとこ→ゲート通過
20k 2:04:040:55:12やっと普通に走れるよ
30k 2:59:060:55:02ペースを守って調子を上げるよ
40k 3:55:210:56:15かかとが痛いけど頑張るよ
Goal 4:07:170:11:56駆け抜けろー!!
NET 3:57:14 グロスなんか興味ないよ

トレッドミル育ちですもの、決めた速度でもちもち走ってました。

レース前

今日は結構寒かったのです。長袖・ロングタイツで正解でした。

まず、トイレに入ろうとしたら長蛇の列で、いざ順番がきたら中の紙が切れていて辺りの女の人は小パニックになっているのです。これがスタート5分前。ちょっと考えて、諦めてスタートに並びました。でも、号砲がなってからもずーーーーとてくてく歩きです。Hブロックですからしょうがないかな。そして、てくてく歩きの途中から見えるトイレは空いていて紙もあったのです。チップみたいなのつけてるし、こんなだったらグロス気にしてもしょうがないかなって思ってトイレに行きました。結構、同様にうろうろしている人いました。大きい大会って大変ですね。

いざスタート地点で、花粉対策のサングラスを持っていったのですが、かけようとしたらツルがぽきって折れました。1000円の物ではこれが定めか。いきなりへこみます。申し訳ないけどそこらへんに置いて捨てました。花粉の中、帽子もサングラスも無しです。裸で走るような心細さです。そしてゆっくりゲートを抜けます。

10kまで

とにかく混んでいます。人の壁をすり抜けて、場所を求めるように走ります。飛ばす気は無かったけど、時計を見るとあんまりにゆっくりです。ゆっくり人ごみを縫います。7k付近でやっと5:30のペースで走れるようになりました。

20kまで

花粉症の薬のせいか、喉がやたら渇きます。初給食でバナナを食べます。喉がぺたぺたします。水も飲んで、走ります。結局、後半の1箇所を除いて全部の給水を取りました。給水しても給食しても5:30のペースは余り崩れませんでした。不思議。ハーフのタイムは2時間丁度ぐらい。

30kまで

「あ、走れる」と思います。ペースは落ちません。ただ、右のアキレス腱~かかとがしくしくし始めます。ここが痛くなったのは初めてです。少し気にしながら走ります。この辺りから、「このままのペースで行けばサブ4に間に合う」と意識します。スタートしてからのロスが多かったので、一時は諦めていたのです。

35kまで

1k、1kの標識を縋るように追います。「初フルは、この1回だけなんだから」と言い聞かせます。35kでシャーベットが貰えます。走る前は寒かったので「シャーベット?」という気持ちでしたが、ここまで来たら、気持ちの支えとして「シャーベット!!」という感じになります。食べて、少しだけストレッチをします。黄色はレモン味でした。

ゴール

ただただ、1kごとのラップを見て、自分を落ち着かせながら走ります。呼吸が大きくなって、「ううー」と声が出てしまいます。顔もだいぶデンジャラスになっていたと思われます。41k、気持ちではスパートは無理だと思っていました。でもいつも走るときは、最後はきゅっと走るのです。本当に、勝手に腿が上がって脚が動きました。びっくり虫ですね。ここのタイムが最高記録の5:06でした。平均は5:37です。最後はもちろん両手を上げて笑顔で万歳っすよ。でもカメラ目線の余裕はありませんでした。忘れてた。

故障

実はですね、森林公園の前から右膝が怪しかったり怪しくなかったりしていたので、キネシオ君を貼ったりシップを貼ったりしていました。今日はそこをかばった走り方になっていたための、右のかかと痛のようです。えーと、あのう、帰宅したら気が抜けたのか、歩けなくなっちゃいました。右足が着けなくなっちゃった。駅からお家までタクシー使って、今はせっせと冷やしています。赤羽駅伝までに復旧しなかったらごめんなさい。腫れてないから大丈夫だと思うのですけど。

打ち上げ

代々木ランニングクラブの方々と初めてお会いしました。本当にお世話になりました。皆さんとても紳士でかっこよかったです。走ってる人は顔つきも体型もびしっとしてて素敵だろうと予想していたら、みんなそうでした。何だろう、長距離をやる人には共通の何かがあるような気がします。長距離顔?

やっとマラソンをやる人の、仲間入りが出来ました。次の目標は、「故障しない、バランスの良い身体を作る」です。そしたら、またフルを走ろうと思います。